管理栄養士が転職する理由とその現状とは?

管理栄養士は食のスペシャリストとして知られており、病院や施設において欠かせない職種の一つです。しかしながら管理栄養士は一人にかかる仕事量の多さから、負担が大きく責任の重さに押しつぶされてしまいそうになるという話をよく耳にします。

人の一生にかかわる健康を支える仕事であるからこそ、責任の重さに耐えられないという方も少なくありません。その管理栄養士の転職理由について今日は考えたいと思います。

管理栄養士が転職する理由とは?

管理栄養士の転職理由は様々なことが理由に挙げられますが、やはりおおよその理由としては「責任感の重さ」と「給与面の低さ」が問題になっているようです。

管理栄養士は食のスペシャリストとして病院や施設など様々な職場で活躍できる仕事ではありますが、所属する施設内の患者様の健康栄養面を少人数で管理しなければいけません。

そのため、献立の立案や発注業務、調理作業や栄養指導などやらなければいけない業務が多く、こうした仕事の管理に忙殺されてしまうということが負担の大きさに繋がっているといっても過言ではありません。

 

職場によってはそれを一人で賄わなければいけないという職場もあるようです。

これでは利用者様一人一人にかける時間も少なく、十分な栄養指導ができるとは言えない状況が起きていると言えるでしょう。

 

次に給与面の低賃金化が問題視されています。

管理栄養士の平均年収は350万円と言われています。勤務先によっては待遇が大きく変わりますが、他職種に比べて低い傾向にあります。そのため管理栄養士の給与面は非常に厳しい状況であるといっても過言ではないのではないでしょうか。

もちろん給与面が高い職場もあります。特に公務員として働くことができれば平均年収はもう少し高い給与面を得ることが可能のようですが、公務員として働くことができるのは一部だといっても過言ではありません。ほとんどは病院か施設での勤務がメインになります。

 

こうした管理栄養士の状況は厳しいといっても過言ではありません。しかしながらこれから高齢社会が深刻化してくることも目に見えており、管理栄養士の求められる職場は増えてくることが予想されます。今後の給与面の改善の動向を見ていきたいですね。

    関連記事

    1. 転職前に考えたいケアマネが上司に怒られないために必要な行動とは?

    2. ケアマネジャーが転職先に選びやすい職種とは?

    3. 介護士が転職をする上で重要な面接の際の回答方法とは?