介護福祉士が有料老人ホームへの転職をするメリットとは?

高齢者の急増に伴い、有料老人ホームは重要な役割を果たしています。近年高齢者の増加に伴い、在宅で生活が困難になってきている高齢者も増えており、有料老人ホームが急増しているのをご存じでしょうか?

介護福祉士はこの施設で患者様のケアとサポートを提供する専門家であり、こうした場所への雇用のニーズは高まっていると言っても過言ではありません。そのため各企業は人員雇用に力を入れているのです。つまりこうした勤務先への転職ニーズも高まっているのです。

今日は有料老人ホームでの介護福祉士の転職について考えてみたいと思います。

介護福祉士の有料老人ホームへの転職について

有料老人ホームへの転職を考えているという方もおられるのではないでしょうか?

近年、有料老人ホームは急増しており、そちらへの転職を考えているという方も少なくありません。

なぜなら有料老人ホームは要介護度が比較的軽い方や、自立した方も入居できる施設もあるのです。そのため身体介護の業務の比重が少なく、こちらへの転職を希望される介護福祉士が増えているというのも事実です。

 

特に有料老人ホームは近年民間企業の参入が著しく、サービスに対しての満足度に力を入れている場合もあり、ホスピタリティにより重点を置いている場合があります。

そのため介護士としてのスキルだけでなく、接客業などの新しい知識を求められる場合もあります。ですので、今まで介護畑で培ってきた技術だけでなく新しい技術の習得が必要になるでしょう。

しかしながらこうした技術をもし提供できれば、有料老人ホームでのニーズはとても高いと言っても過言ではありません。

 

介護福祉士としての給与面については、特養や老健と比較したら少し安い印象はあるかもしれません。

しかしながら、有料老人ホームは前述したように民間企業が参入しているケースが多く、教育制度や資格取得の支援制度、キャリアアップなど様々な福利厚生を有している場合があります。将来的にステップアップを考えているのであれば、こうした場所への転職も考えていくのも選択肢の一つではないでしょうか?

 

有料老人ホームは年々増加傾向にあります。そこで活躍するためには、ぜひ接客技術を身に着けておくことをおすすめしますよ。

    関連記事

    1. 転職する前に覚えておきたいケアマネジャーに欠かせない能力とは?

    2. 転職回数の多い介護士のための印象を良くする履歴書の書き方について

    3. 新人ケアマネジャーが転職活動で経験する難しさとは?