介護職への転職は資格なしの未経験でも大丈夫?

未経験から介護職に転職したいけど、資格を持ってないという方も多くいると思います。

実は無資格・未経験でも介護職への転職は可能なんです。

本記事では初めての介護職への転職の際に覚えておきたいポイントをお伝えします。

介護の現場では無資格でも働くことはできる

基本的に介護の現場では資格のあるなしに関わらず働くことができます。

介護職の主な業務は、掃除や食事の準備などの「生活援助」と食事や入浴の介助や着替えや排泄のお世話などの「身体介護」にわけられます。

高齢化に伴い、最近の介護職種のニーズは高く、資格がなくても比較的求人は見つけやすくはなっています。

ただし、資格の有無によって行える業務内容や条件も異なるので一度確認する必要があるでしょう。

介護職の転職ポイント | 無資格の場合にできること・できないこと

「生活援助」の仕事は誰でも行うことができます。

生活援助の仕事は主に、食事の準備や片付け、掃除、買い物、ベッドメイキング、洗濯などが挙げられます。

「身体介護」の業務は、食事の介助や排せつ介助、移乗など利用者様の体に触れる業務です。

病気や障害をお持ちの利用者様に対して負担をかけないような技術を求められるため、基本的には有資格者が行うことになっています。

訪問介護の現場では「身体介護」は資格がないと行うことができませんが、介護施設の場合は「生活援助」も「身体介護」も無資格者でも行うことができます。

この場合は介護福祉士などの資格を持つスタッフの指導のもと、「介護助手業務」として行うことになります。また、デイサービスなどにおける送迎業務やレクリエーションは、資格の有無にかかわらず行うことができます。

もちろん電話の対応や書類の作成などの事務作業も立派な仕事の一つです。

介護職に転職するなら資格はあった方がいい

以上のように、無資格であっても介護の仕事に就くことはできます。

ただし、行える仕事に制限が出てくるため、必然的に給与面も資格のあるなしで差が出てくる場合が多いです。厚労省の発表(令和4年)によると無資格の場合は平均給与が月額26万8680円に対し、介護福祉士になるとその平均給与は月額33万1080円となっています。

少しでも給与を上げたいと思うのであれば、資格の取得は視野に入れておいた方が良いでしょう。

ただし、介護職の資格で唯一の国家資格である介護福祉士を目指す場合、資格取得の条件になる3年以上の介護実務経験が必要となるので、資格取得を目指すための経験を積む場所としての転職先選びもいいかもしれません。

 

    関連記事

    1. 介護福祉士の転職先に介護タクシー現場が増えています

    2. 介護業界のサービス管理責任者からの転職を考えているあなたへ

    3. 履歴書の書き方を採用担当者の目線で解説!