サービス管理責任者は給与交渉が可能?

この時期になると多く人が転職を考えるのではないでしょうか?

色々な事情で転職すると思いますが、その中の1つにお金の問題も大きく影響しているでしょう。

「自分の仕事に見合った給与をもらえているか?」という疑問は、多くの人が抱くものです。

給与面の不満や待遇に対する不満が、転職を考えるきっかけになることもあります。

本記事では、サービス管理責任者含む介護職の人の給与交渉についてお話しします。

 

サービス管理責任者の給与交渉

給与交渉は、サービス管理責任者だけではなく労働者の権利であり、一般的にはよく行われていますが、日本人は海外に比べて給与交渉を行う人が少ない傾向があります。

そこで、介護職として働く皆さんに、給与交渉の重要性や方法について考えていただきたいと思います。

 

まず、給与交渉を行う際に考慮すべき重要な点は、「自分の仕事が会社にどれだけ貢献しているか」です。

例えば、リーダー経験がなかったり、資格を持っていなかったりする場合は、給与交渉が難しいかもしれません。

しかし、日々キャリアアップに励み、利用者様のために努力しているのであれば、給与交渉の余地があるかもしれません。

 

資格取得や後輩指導など、会社に対して貢献している点を強調することが重要です。

実際に私の知人も転職前に給与交渉を行い、給与が上がったことで同じ職場での勤務を継続しました。

 

会社としても、有能な人材を長期間雇用したいと考えることが多いでしょう。

給与交渉のタイミングについては、会社によって異なりますが、通常は年次面談の際に行われることが多いです。

しかし、年次面談がない場合は、転職前や入職前に積極的に給与交渉を行うことが重要です。

その際には、希望額だけでなく、自身のキャリアや実績、会社への貢献度などを具体的に示すことが大切です。

 

サービス管理責任者の給与交渉 | まとめ

給与交渉は、自分の価値を適切に評価してもらうためのプロセスです。

特にサービス管理責任者は長い研修や経験がないとなれない職業ですし、施設に必ず1人は配置しないといけないので、希少性も高いので比較的交渉もしやすいのではないででしょうか。

自身の仕事や成果を客観的に見つめ直し、適切な給与を受け取るために積極的に取り組んでみましょう。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の更新研修を解説

    2. サービス提供責任者からサービス管理責任者に

    3. サービス管理責任者が生み出すデイサービスの魅力