新人ケアマネジャーが転職活動で経験する難しさとは?

ケアマネジャーへの転職が叶ったとしても、実は未経験で転職をするというのはケアマネジャー業界では難しいという現状があるのをご存じでしょうか?

ケアマネジャーは介護保険制度や介護サービスの知識、介護支援計画の作成方法や介護サービスの提供方法など、専門的な知識やスキルが求められる職種であるため、例えば就職先によっては一人で担当しなければいけない場合もあるため、それらの専門的な経験がまだない状態での転職は難しいとされています。

 

ではどのようなところで研鑽を積み、今後の転職活動に生かすべきなのかを調べてみましたので、今日はその内容についてご紹介したいと思います。

 

ケアマネジャー業務の経験が浅い場合は入居者数の多い施設を選ぼう

まずケアマネジャーの施設基準としては居宅であれば35名に1名、施設であれば100名に1名はケアマネが常駐しなければいけないというものがあります。

そのため、教育に時間を割ける余裕のある施設でなければ新卒での正社員採用は難しいというのが現実のようです。そのため、もしあなたがケアマネとしてのキャリアが浅く、誰かに師事して学びたいと考えているのであれば、ある程度大きめの施設への転職を考えるべきかもしれません。

 

逆を言えば、ケアマネとしての経験をある程度できている状態であれば、

居宅や介護施設への転職は引く手あまたといっても過言ではありません。

 

今介護業界におけるケアマネの求人募集の数は多く、即戦力が求められています。

そのため、業界においてある程度自分で仕事を回せる人材は重宝されており、場合によっては管理職に就ける可能性も秘めています。

もしあなたがケアマネとしての転職を考えているのであれば、管理職へのキャリアアップも目指してみるのも一つかもしれません。

 

今介護業界はケアマネジャーの人手不足に悩んでいます。

その原因はケアマネジャー一人にかかる仕事量の増加や給与面の問題はあるのが原因ではあります。

しかしながら利用者様をサポートし、安全、安心に暮らせるサポートのできるやりがいのある仕事であることは事実です。

介護業界においてある程度権限を持ちながら利用者様にかかわっていける数少ない職種であるといっても過言ではないのではないでしょうか。

 

ぜひ積極的にキャリアアップを目指してみてほしいと思います。

    関連記事

    1. 看護師の転職先事情|病院やクリニック以外の勤務先とは?

    2. ケアマネジャーが災害時に覚えておくべきBCPっていったい何?

    3. 作業療法士のニーズ増加によって働く場所が増えていると知っていますか?