20代でケアマネジャーの資格取得を目指しても求人はあるのか?

ケアマネジャーの資格取得は介護福祉士としての臨床経験5年以上(かつ900日以上実務経験を積む)という制約がありますが、最短20代でケアマネジャーとして働くことが可能です。

しかしながら20代でケアマネジャーになれたとして、すぐに転職が可能なのか不安になったりしていませんか?

20代でケアマネジャーになることは、将来的に長く続けることができる可能性があるため、効率的ではあります。しかしながら経験不足を理由に転職が難しいと不安視される方がおられるのも事実です。

 

今日は20代でケアマネジャーとして働き、転職を考えている方に向けて書いてみたいと思います。

 

20代でケアマネジャーの資格を取得されたあなたがやっておくべきこととは?

ケアマネジャーの資格を若手の時に取得するという方は、実はそこまで多くないのが実情です。

ケアマネジャーの年齢別割合は20代は全体の1.4%と言われています。

20代のケアマネが増え始めたのは2000年代後半から2010年代にかけて増え始めました。

この時期、高齢化が進み介護保険制度の改正に伴って、ケアマネジャーの需要が急速に拡大したため、若い世代の方々もケアマネジャーとして働くことができるようになりました。現在では、20代のケアマネジャーも増え続けています。

 

20代でケアマネジャーの資格取得をされた場合、実務経験の浅さから周りから信頼されないんじゃないかと思われる方もおられるかもしれません。

 

しかしながら、ケアマネジャーの平均年齢は49.9歳と比較的高年齢化している影響から、20代からケアマネジャーとして働きキャリアを積むというのはアドバンテージがあると私は考えています。

 

特に現代社会において医療・介護現場のIoT化は進んでおり、様々なデジタルデバイスが導入されています。

年齢層が高くなればなるほどデジタルデバイスには疎くなる可能性があるため、20代でより早くケアマネジャーとして現場で働くことはメリットしかないと思うのですがいかがでしょうか?

 

これからの時代において、ケアマネジャーのニーズはさらに拡大すると予想されます。

そのため、20代のケアマネジャー資格取得者も徐々に増えてくることが予想されます。

つまり20代でのケアマネジャーの求人募集も増えてくると言っても過言ではないのではないでしょうか?

 

ぜひ積極的にケアマネジャーの資格取得を目指してみてくださいね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが転職してしまう原因「コンピュータリテラシーの低さ」とは?

    2. ケアマネジャーが業務外のことを依頼された場合の対処法とは?

    3. ケアマネジャーが地域と連携していく重要性について考えてみた