介護士の転職 | 履歴書と職務経歴書の違いとは

介護士としてキャリアを積みながら、次の転職先を探しておられる方はこれから新たに履歴書を書かなければいけないと思います。

その際に履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることもあります。

できれば履歴書でおおよその自分のキャリアを伝えたいと、自分の持っている資格がどれだけあるかを書くと思いますが、実は企業側は資格よりもあるものを重要視していることが多いのです。

それは、あなたが前職で取り組んできた実績内容です。

どのような資格取得に取り組んできたのか、チーム内の問題点にどのように取り組んできたのかといったあなたの実績はぜひ履歴書ではなく職務経歴書に書くようにしましょう。マイナスのイメージがある経歴はポジティブな内容に言い換えたりする工夫も必要です。

今日は履歴書と職務経歴書の違いについて説明します。

介護士の転職に必要な履歴書と職務経歴書の違いとは?

では、履歴書と職務経歴書の違いとはいったい何でしょうか?

履歴書は書店で売っているように、おおよそのフォーマットが決まっています。

名前や学歴、出身校、趣味など、応募者のプロフィールを記載するものです。内定後には個人情報として、応募先の施設に保管されます。

しかし職務経歴書では特にフォーマットは決まっておらず、あなたの職歴、勤務先状況、業務内容や資格、自己PRを記載する必要があります。

履歴書ではプロフィールの確認を、職務経歴書はあなたの業務実績やスキルの確認をしているのです。

抽象的な表現は避け、客観的に自分が取り組んでいたこと、強みとしていることを表現することが重要です。

そして何より履歴書は手書きですが、職務経歴書はパソコンで作成しても良いそうです。

なぜならあなたのことを的確に伝えることが一番重要だからです。

あなたの実績内容や自己PRは、ぜひ職務経歴書にまとめてみてください。

介護士の転職で必要な職務経歴書に書くべき内容とは?

履歴書と職務経歴書の違いが分かれば、次は職務経歴書に書いておくべき実績内容について考えてみましょう。

実績内容とは、あなたが前職での問題点について、どのように取り組んできたかを書くべきです。

例えば、終身介護や状態が不安定なご利用者様の介護スキルを習得して取り組んできたことや、チームリーダーとして部下の育成のためにどのように取り組んできたのかを書くと、即戦力として取り入れられることが多いかもしれません。

具体的な業務経験を記載の上、入社後その経験で何ができるのか、どのように活かしていくかなど、自分の強みがどんなものか明確にさせ伝える必要があります。

そして転職理由としてよくある給与面や人間関係、身体疲労に伴う問題に、自分はどう考えているのか、どのように対応するのかなど、ポジティブな考えを持っているのかをみられている場合もあります。

どのように次の職場で取り組んでいきたいかということを自己PRで書ければより良いかもしれませんね。

転職回数が多い場合や離職期間が長い場合などは、すぐに転職・退職してしまうのではないかと懸念される可能性が高くなります。もし記載する場合は、得た経験やスキルでどのように貢献できるか、離職期間中に学んだことがあれば具体的な内容を記載しましょう。

面接で尋ねられる場合も多いため、返答できるよう準備しておくことも大事になります。

面接する側は、即戦力の人材を求めています。そのためこの職務経歴書は書類審査の時点であなたのことをより知っておきたいのです。

ぜひ面倒くさがらずに作成してみてくださいね。

    関連記事

    1. 介護士の転職と副業どちらの方がメリットが大きいか考えてみた

    2. 介護職の地方の求人が増加傾向にある理由とは?

    3. サービス管理責任者の魅力と働きがいについて