介護職の地方の求人が増加傾向にある理由とは?

介護士のニーズは高まっているという情報を数々ご紹介してきましたが、実は地方ではよりそのニーズが高まる傾向にあります。その理由として若者が都市部に集中する傾向があり、地方に残る人々は高齢化が進み、介護が必要な人々も増加しています。そのため、介護士の需要が高まっている地方では、介護士自体も不足している傾向があります。

逆に都市部の就職競争率は高まっており、なかなか就職先が見つからないという事例も増えているようです。

今日は地方の就職におけるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

介護士の転職は地方の施設が就職しやすい

地方は現在過疎化が進んでおり、都市部に比べて交通アクセスが悪く、車のない介護士にとっては通勤が困難な場合もあります。そのため、介護士たちは、交通アクセスが良く、通勤時間が少ない都市部への転職を選ぶことが多いとされています。

そのため地方では高齢者が急増していることに加え、介護士の数が圧倒的に不足しているという状態が生まれています。その結果、都市部と比較して、就職がしやすいという状況が生まれています。

もしあなたが車やバイクなどを持参しているのであれば、ぜひ地方での転職を検討してみるのも一つではないでしょうか?

地方の介護求人はどこで調べればいいのか?

地方の介護求人は現在増加傾向にあると書きましたが、ではどこで情報を仕入れればいいのでしょうか?

実は大手求人サイトなどで掲載されている情報以外にも多くの求人を募集している媒体があります。それはハローワークや地元の求人誌です。

地方では、求人情報がハローワークや地元の求人情報誌など、限られた媒体でしか公開されていないことが多いため、情報の収集が難しいこともあります。また、地方で働く場合、地元の人脈が必要になることが多いため、地元の人とのコミュニケーションをとることができないと転職が難しいこともあります。

もしあなたが地方での転職を検討しているのであれば、ぜひその地域の求人情報誌に目を通しておくといいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?今後地方の求人はどんどん増えることが予想されます。

もしあなたが介護職への転職を考えているのであれば地方の就職先を探してみるのも一つかもしれません。

    関連記事

    1. 介護離職を防ぐために|ニーズの増える顧問介護士とは?

    2. サービス管理責任者研修として必要な「研修」について

    3. 介護士の転職は地方がおすすめな訳