時短勤務でおすすめはデイサービス

資格を持つ介護職員にとって、就職の選択肢は豊富にあると言われています。

これは介護分野が人員不足に悩まされている現状に起因するもので、転職市場では常に多数の求人が出されています。

最近では、介護職の魅力を伝え、技術の向上を促すキャンペーンがメディアを通じて盛んに展開され、介護業界への新たな人材を獲得しようとする企業の取り組みが目立ちます。

介護業界には、特に柔軟な勤務スケジュールを設定しやすい職場が多いことも特徴の一つです。

これは子育て中の家族にとって大きな利点であり、自分の生活リズムに合わせて働くことができるのです。その中でもデイサービスは、このような勤務体制を好む人々にとって魅力的な働き口となっています。

本記事ではデイサービスの魅力について解説します。

 

時短勤務ならデイサービス

デイサービスセンターは、日中に高齢者が過ごす施設のことで、介護専門職はもちろん、相談支援員やリハビリ専門職などがチームを組んでサービスを提供しています。

ここでは、平日だけの勤務や短時間勤務を選ぶことができるポジションが比較的多く見られます。

デイサービスの日常業務は、利用者の日常生活の支援や身体のケア、ケアプランの立案、施設内の管理、書類の整理など多岐にわたります。

また、利用者が比較的自立して活動していることが多いため、身体への負担も少なめです。

 

非常勤やパートタイムでの勤務は、週に数日からでも対応可能であり、多くの施設で9時から17時の間の勤務が基本となっています。

このような勤務体系は、家庭の事情や他のコミットメントとのバランスを取りながら働きたいと考える人にとって好都合です。

さらに、施設によってはもっと柔軟な勤務時間の設定が可能で、短時間勤務や午前のみの勤務、週末だけの勤務などが選べる場合もあります。

 

短時間勤務を選べば、子どもの保育園の送り迎えの時間に合わせて仕事をすることもできます。

一般には9時から17時の勤務が基本ですが、勤務地によってはもっと柔軟に時間を調整できる場合もあります。

ただし、介護業界の多くの場では人手不足が常態化しており、予期せぬ時間外労働や急なシフト変更が発生することもあり得ますので、職場選びや面接時には勤務条件についてしっかりと確認することが重要です。

 

介護職資格を活かしつつ、プライベートと仕事の両立を目指すなら、自分に合った勤務形態を見つけることが肝心です。

 

時短勤務ならデイサービス | まとめ

本記事では、デイサービスがいかに時短勤務に適しているかを説明しました。

子供が落ち着いてきてまた働こうとしている主婦の方や自分に時間を大切にしながらバランスを保ちながら働きたい方には非常に良い職場なのではないでしょうか。

是非、介護の資格を持っている方は、デイサービスで働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の残業の実態とは

    2. 訪問介護事業所の不足、その解決策とは?

    3. 障害者総合支援法の改正内容