ケアマネジャーの転職で人気急上昇中のフリーランスで注意しておくべきこと

ケアマネジャーの職域については、医療・介護施設や公的機関など様々な場所が挙げられます。しかしながら、ケアマネはフリーランスとして独立して働くことのできる職種だということを知っていましたか?

近年介護の需要が増加し地域包括ケアシステムが進んでいることから、在宅介護におけるケアマネジメントの需要が高まっていることが背景にあるのではないでしょうか。

また、コロナ禍による在宅医療や遠隔医療の普及により、在宅ケアに対する需要が一層高まっていることも独立するケアマネジャーが増えている理由の一つとして考えられます。

しかしながら、独立して業務を行うと問題が起こったときに困りますよね。

そこで必ず入っておいてほしいのが個人賠償責任保険です。

今日は個人賠償責任保険について解説したいと思います。

 

ケアマネジャーが独立するうえで入っておくべき個人賠償責任保険とは?

個人賠償責任保険とは、業務に関連するトラブルや事故によって発生した損害賠償請求に対して保障を受けることができる保険です。

 

一般的に、ケアマネジャーが加入するべき個人賠償責任保険は、医療従事者向けの保険や社会福祉士向けの保険です。これらの保険は、ケアマネジャーの業務に関連する損害賠償請求に対して補償することができます。具体的には、利用者やその家族からのクレーム、個人情報の漏洩や紛失、業務上のミスなどが保障されます。

これらの保険は保険会社や保険代理店などに問い合わせることで加入が可能です。

 

近年ケアマネジャーが独立するという方も少なくありません。

基本的に施設等で働いている場合は施設側が守ってくれるというメリットはありますが

個人で独立する場合は、問題があったときに自分で対処しなければいけませんので、ぜひ加入をおすすめします。

 

ケアマネが独立するメリットとデメリットとは?

独立してフリーランスで働くと、時間を自由に使えるなどのメリットがあります。

特に現代社会において自分のライフスタイルに合わせた働き方を考えることは重要なことだと思われます。

特に独立すると自身で受け持つケアプランの数や、利用者の地域によっては、比較的高い報酬を得ることができるため、魅力的な選択肢の1つです。ただし、収入の安定や福利厚生など、雇用形態によって不安定要素があることには注意が必要です。

様々なことを考えて今後の進路を決めましょうね。

 

    関連記事

    1. 介護士の転職と副業どちらの方がメリットが大きいか考えてみた

    2. 一度現場を離れたサービス管理責任者でも再就職できるのか?

    3. 理学療法士や作業療法士の転職は難しくなっている理由とは?