転職の前に考えたいコミュニケーションスキルで重要な聞く力とは?

社会人になって、上司や部下、利用者様とのコミュニケーションに悩んでいるという方は少なくありません。今まで学生時代は普通に話せていたのに、社会人になってうまくいかないといった経験をした人はいませんか?

こうした悩みは実はあなただけではありません。多くの社会人が通る道なのです。

そのため同僚との交流がうまくいかなくて、「ここは自分の肌には合わない」といった理由から転職を考えるという方もいるのではないでしょうか?

社会人になってあなたに必要な技術とは、介護技術もですが、コミュニケーションスキルかもしれません。

 

今日はコミュニケーションスキルについて書いてみたいと思います。

 

介護士が必要なコミュニケーションスキルでこれだけは押さえておきたいこととは?

人間関係においてコミュニケーションスキルは重要なスキルです。

しかしこれらを学生時代に学んだという経験がある方は少ないのではないでしょうか?

そこで今日は、また会いたい、この人と話したいと思われる人になるために必要なことを解説したいと思います。

 

そのために必要なことは

・いつも笑顔の人

・相手の目を見て話したり聞いたりする人

・その場の雰囲気を読み取るのが上手な人

・聞き上手な人

です。

 

いつも自分のことばかり話している人は「この人と話すのは疲れる」と思われる可能性があります。

そのため私のおすすめは、「聞き上手になること」です。

 

手の話をしっかり聴き、理解しようとする姿勢が、相手が話す内容や感情を受け止め、共感することで、信頼関係や親密さが生まれます。

 

コミュニケーションスキルで重要な聞く力とは?

 

相手の話を聞き出すことができれば、相手がどのようなことを考えているのか、どうしてほしいのかがわかります。

自分の話ばかりをしていては、相手が何を考えているのか、どうしてほしいのかがわかりません。ですので相手の意見や話を引き出すことが重要です。

 

そのためには相手の話に対して適切な質問を投げかけ、相手の言葉を引き出ことが重要です。このように、相手に話を続ける機会を与えることで、相手とのコミュニケーションが深まります。

そのうえで、相手の話に共感し、相手の気持ちや立場に立つことで何を考えているのかを理解しましょう。

それこそが聞き上手な人が実践していることです。

 

転職をすることも一つの手段かもしれません。

しかしあなたの職場で働きやすくするかどうかはあなた次第なのです。

    関連記事

    1. 生活相談員に向けられたクレームは他職種で解決しよう

    2. サービス管理責任者を目指すことができる意外な職種とその関連性

    3. サービス管理責任者に必要なフォローアップ研修とは