サービス管理責任者の副業可能な職種とその魅力

サービス管理責任者としての日常業務をこなす中で、自分のスキルや経験を別の分野で活かしたいと思ったことはありませんか?

そこで注目すべきは、サービス管理責任者の職務と副業の両立が可能かどうかがキーポイントになります。

今回は、主業務にプラスして選べる魅力的な副業のいくつかをご紹介し、それぞれの魅力に迫ってみましょう。

 

副業可能な職種とその魅力

・ヘルパー業務
ヘルパーは、高齢者や身体障害者の生活支援を行う貴重な存在です。

サービス管理責任者として培ったコミュニケーションスキルや問題解決能力を活かし、他者の生活を支えることで得られる充実感は計り知れません。

そして、ヘルパー業務は柔軟な労働時間が許されるため、サービス管理責任者業務との調和が容易です。

 

・児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者は、子供の発達支援を担当する重要なポジションです。

サービス管理責任者の職務で養ったリーダーシップや組織力を発揮し、子供たちの未来に寄与できます。

柔軟な働き方が可能なため、サービス提供の現場との調整がしやすいのも大きな利点です。

 

・就労支援員

就労支援員は、障害を持つ人々の社会参加支援を行う仕事です。

サービス管理責任者として培った経験が、より広範な社会参加支援に生かされます。仕事の柔軟性が高く、個々のニーズに寄り添ったサポートを提供できるため、副業としても充実感を得られるでしょう。

 

サービス管理責任者の副業可能な職種とその魅力 | まとめ

これらの副業選択肢は、サービス管理責任者としてのスキルを活かしつつ、新たな分野でのキャリアを展開する絶好の機会です。

主業務と副業が相互に補完し合い、新たなスキルや経験の獲得が期待できます。

もちろん副業が可能な職場なのかはまず確認の必要がありますが、福祉系の職業だけに関わらず、昨今は様々な職業で副業が認められる時代になってきています。

挑戦の扉が開かれた今、自身の成長に向けて新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    1. サービス管理責任者は理解しておきたい「利用者様主体の支援」について

    2. 准看護師のキャリアアップ|サービス管理責任者という道

    3. サービス管理責任者に年齢は重要?