育児中の転職におすすめの介護職の現状とその理由とは?

人生には様々な転換点があります。結婚や出産もその一つ。そのたびに仕事を休めればいいのですが、社会はそのようにはできていません。そのため出産や育児をきっかけに、自分がついた仕事で続けて働きたいけれど、どうしても転職を余儀なくされることも少なくありません。

そんな時にどんな仕事であれば、育児と仕事を両立できるかと悩むことってあると思います。

もしこのように悩んでいるのであれば、介護職への転職を検討してみてはいかがでしょうか?

今日は子育て世代の転職において、介護職がおすすめの理由について書いてみたいと思います。

子育てママの転職で介護職をおすすめする理由とは?

子育てをしながら仕事をするとなると様々な問題が障壁となってきます。

特に時間の問題や、子供の急な発熱や呼び出しなどが理由でリスケジュールを余儀なくされることも少なくありません。

そうなってくると仕事を選ぶ条件として

  • 家事や育児を両立させやすいこと
  • シフトや勤務形態お融通がききやすいこと
  • 未経験者でも取り組みやすいこと

が挙げられます。

そのため人気の仕事としては、医療事務やコールセンター、ウェブライターなど自宅でできる仕事を選ぶ人も少なくありませんが、実は介護職も私はおすすめだと思います。

なぜなら介護職は外に働きに出れることはもちろん、施設によっては保育所も併設し、子育てを並行しながら働くことに対して理解が得られやすい職場としても近年注目が集まっているからです。

また、介護士は夜勤があるのでは?と思われがちですが、実は法律上未就学児の子育てをしている場合、夜勤は免除されるようになっているのです。(育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律より引用)

しかもシフト制で子育てをしながら働いているスタッフはとても多いので、急な欠席や呼び出しに対しての理解度も高いため、子育てを両立していくのであればおすすめだと思います。

子育てをしながら仕事をするとなると、様々な障壁が立ちふさがると思いますがもしあなたがこれから子育てをしながら外に働きに出たいと考えているのであれば介護士という選択も一つだということを覚えておいていただければ幸いです。

    関連記事

    1. 介護士を辞めたい、転職したいと思ったら…よくある理由と対処法2

    2. サービス管理責任者のワークライフバランス

    3. 介護士の転職理由に上がる介護負担を減らす方法とは?