介護職で転職を考えている30代男性は特にチャンスです

これから介護職を目指そうとしているあなた

もしくは介護職として働いておられ、これから転職を考えておられるあなたはぜひこの記事を読んでください。

実は30代男性の介護職が今求められているのです。

30代となると、若年層と比べると比較的体力の衰えもあるものの社会経験を経ておられる方が大半だと思います。

しかしながら一般企業や業種によっては30代という理由から、採用を断られることもありますが、日本では高齢化が年々加速しており、高齢の要介護者が増加傾向にあるため、介護職ではいま30代が熱いのではないかと予想しています。

今日はその理由についてお話したいと思います。

介護士30代人材の中途採用が求められる理由について

介護職の離職理由の第一位は「人間関係」と言われています。

人間関係で悩む方はとても多いのも事実ですが、30代であれば、ある程度社会経験をお持ちだと思います。

その社会経験の中には業務のこなす能力だけでなく、人間関係も含まれます。

特に介護業界は、人間関係をいかに円滑にしていくかということが求められるのです。

実際、介護業界は女性も多く、人間関係を円滑にすることに困る経営者も多いのではないでしょうか?

そんな時に、社会経験を積んでこられた30代の魅力が発揮するのではないかと私は予想します。

30代は現状の生活を維持しながら、結婚や子育てなども両立して働かなければいけない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

介護の基本となるのは、高齢の方や手助けが必要な方のペースに合わせて寄り添いながら支援をすることです。

体調の変化にも敏感に気づく必要があり、気配りの出来る方に向いている職種とされているため、結婚や子育てを経験されている方であれば、信頼関係の構築や気配りといった30代ならではの魅力が存分に発揮できる仕事ではないかと予想します。

 

実際に30代男性の魅力を語る記事も多く、その中に「ふるまいの余裕」「気配り」「女性の話に耳を傾ける」といった魅力を書いている記事が多数存在します。

介護職の離職理由の第一位の人間関係を円滑にするために必要な能力かもしれませんね。

また、近年同性介護を基本とする施設も多く、介護職に就く30代の男性の割合が女性と比べて約3倍と高く、様々な現場で男性が求められています。

職種によっては30代のうちから年齢制限を設けられてしまっているところもありますが、介護業界は常に人手不足であり有効求人倍率は高いとされていることも理由のひとつです。

介護士(30代)なら転職してキャリアアップを目指そう

社会経験を経てきたからこそ、30代であればある程度、身を固めている方もおられるのではないでしょうか?

となるとこれから考えたいのは自分の給与面だと思います。

給与を上げるためには、自分のキャリアアップに目を向けて、これから家庭を守ろうと動いてみてはいかがでしょうか?

30代で介護職への転職を成功させたいのであれば、介護職員初任者研修などの資格を事前に取得しておくことでスキルアップに繋がります。

また、介護士から国家資格の介護福祉士、そして認定介護福祉士やケアマネージャーといったキャリアアップが可能です。

もし30代で介護職に転職すると、最短で30代後半から40代でこれらの資格を取得することができます。

認定介護福祉士になるためには、介護福祉士取得後、5年以上の実務経験、ケアマネージャーも同様に5年以上の実務経験が必要と言われています。

30代以上が多く働く介護の現場では、未経験者や無資格者でも採用されることが多く、介護に関連する資格を取得している方のほうが転職を成功させやすく、転職後は実務を経験しキャリアを積みながら専門知識を磨く機会を得ることができ、ステップアップを目指すことも可能です。

30代でこれから介護士への転職を考えている、もしくは30代で別の施設への転職を考えているというあなたは、ぜひキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 介護職が1年で転職するのは不利になる?

    2. 看護師がサービス管理責任者に転職するメリットとは?

    3. 腰痛持ちで転職を考えている介護福祉士のあなたへ