経験の浅い介護士が転職で失敗しないためには複合施設がおすすめの理由

他業種から介護業界への転職を考えるうえで、必ず考えておかなければいけないことがあります。

それは、「きちんと介護技術のスキルアップをサポートしてくれる職場かどうか」です。

介護現場は慢性的な人手不足で、常に求人募集がされているということは、逆を言えば、常に手が足りていないということです。そのため介護士としてキャリアが浅い、もしくはこれから介護業界への転職を考えている場合、職場が介護技術のサポートを行ってくれるかどうかを事前に調査しておかなければ、転職に失敗したと感じなければいけない場合があります。

そのため、介護士としてキャリアが浅い場合、もしくはこれから介護業界に転職を考えている場合のあなたが転職で失敗しないために、必ずチェックしておきたいことを今日は紹介します。

キャリアが浅い介護士が転職するならまず複合施設を検討しよう

介護士としてキャリアが浅いうちは、介護技術の不安は常に付きまとうと思います。

特に職場によっては、かなり高度な介護技術を一人に求められる職場もあります。

例えば寝たきりの利用者様や鼻から管が入った利用者様、24時間持続点滴を入れている利用者様など、様々な利用者様がおられます。

そんな時にあなたは誰に助けを求めますか?

一人職場である訪問介護などの職場を選んでしまうと、なかなか研修を受けられないということがあります。

もし技術的に不安を感じているのであれば、まずは複合施設のような職場を選ぶことをお勧めします。

複合施設とは、同じ建物内に施設や介護サービスが2種類以上ある場合を指します。

例えば、グループホームや小規模多機能型居宅介護が一体化していたり、特別養護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅が複合しているような施設です。

こうした施設であれば、まず最初にグループホームで介護技術を磨いた後、小規模多機能型居宅介護での介護を体験するなど配置転換がありますので、あなたの技術を同じ職場で磨くことができます。

経験の浅い介護士が転職するときに面接時に聞くこととは?

このように、複合施設を検討することで一つの職場で様々な形態の介護技術を研修することができることがわかったら、面接時に必ず聞いておいてほしいことがあります。

それは

  • 施設内での技術研修の実績
  • 職場配置転換の周期

あなたがこれからキャリアを高めたい、技術を高めたいと考えているなら技術研修サポートが手厚いほうが嬉しいですよね。

ですので、面接時にはこれらは必ず確認しておく方が、転職に失敗しなくていいかもしれませんね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の資格を取得することでなぜ求められるのか?

    2. 精神保健福祉士に転職するための方法と働く場所を解説します

    3. サービス管理責任者に転職すべきでない人の特徴とは?