ケアマネジャーの悩みを相談する場所はどこにある?

ケアマネジャーの仕事は様々な悩みを抱えることがあります。しかしながらその悩みをそのまま一人で抱え続けるということは、問題の先送りをすることに繋がり問題解決にはつながりません。

そのため誰かに相談して問題解決を図るということが重要になりますが、あなたは誰かに相談していますか?

職場で上司に相談することができれば一番いいかもしれませんが、そうはいかない職場もあると思います。

ケアマネジャーの仕事は悩みを抱えることが多く、うつ病に進行するという方も少なくありません。こうした悩みを相談できる場所はどこがあるのか、今日はご紹介してみたいと思います。

 

ケアマネジャーは悩みを相談できる場所を確保しよう

 

ケアマネジャーは、多忙でストレスを感じることがあるため、悩みを相談する場所が必要です。相談できる場所として、まずは職場内にある人事や上司に打ち明けるということからまずは初めてみましょう。職場の上司であれば、実際の自分の担当する利用者様の現状もよくわかってくださっていると思います。状況によっては同行するということも可能です。

まずは自分が悩んでいるということを上司に相談することが重要です。

 

また、同僚や先輩ケアマネジャーなど、同じ職場で働く人たちと話をすることで気持ちを共有することができます。同僚はかけがえのない仲間といっても過言ではありません。

食事を通じて悩みを話し合うということも重要です。こうした時間でストレスを解消するということもいいのではないでしょうか。

 

さらに、ケアマネジャーのための専門相談機関として、社会福祉協議会や地域包括支援センター、労働組合、カウンセリングセンターなどがあります。これらの相談機関では、専門のカウンセラーや相談員が相談にのってくれます。また、近年では、オンラインでの相談も増えてきており、メンタルヘルスに特化した相談サービスやコミュニティもあります。悩みを抱えたときは、まずは相談することが大切です。

 

ケアマネジャーの仕事はストレスを抱えやすいため、自分の悩みを一人だけの問題にせず、きちんと周りに相談して解決に向けて動いてみましょう。

あなたが悩みを本気で打ち明け相談すれば、周りはその問題に答えてくれますので、ぜひ試してみて下さい。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが地域と連携していく重要性について考えてみた

    2. ケアマネジャーに求められる能力|観察眼を養うためには

    3. 身体拘束を選択する場合にケアマネジャーが取るべき行動とは?