ケアマネジャーの資格は国家資格になる可能性はあるか?

ケアマネジャーの仕事は利用者と福祉サービス事業者を結びつける重要な役割を担っています。そのため医療福祉業界においてとても重要な職業であるといっても過言ではありません。

しかしながらケアマネジャーの資格は国家資格ではありません。しかし介護保険制度の改正により今後ケアマネジャーの役割は重要になってきているのは周知の事実ですから、国家資格になる可能性も少なくはありません。だからこそケアマネジャーの業務改善や役割の明確化が今後必要になると考えています。今日はケアマネジャーの資格が国家資格になる可能性について考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーの資格が国家資格になるべきと考える医療従事者は多数存在する

 

ケアマネジャーの資格は、厚生労働省が指定する介護支援専門員養成研修を修了し、試験に合格することで取得する資格です。これは、ケアマネジャーの業務が、介護保険法に基づいて行われており、介護保険制度が国民生活に必要な社会保障制度であることから、国家資格ではなく公的資格という位置づけになります。

 

また、介護保険制度は、地方自治体が主体となって運営されており、地域に密着したサービスを提供することが求められています。そのため、ケアマネジャーの役割も地域に密着し、地域住民とのコミュニケーションを重視した業務が求められます。このような特徴から、介護保険制度におけるケアマネジャーの資格は、地域におけるケアの質を確保するための資格として位置付けられています。

 

ただし、介護現場の高齢化や介護人材不足が深刻化する中、ケアマネジャーの役割はますます重要性を増しており、国家資格として位置づけるべきだという意見が多く、将来的には国家資格化が検討される可能性もあるとされています。

 

現状、ケアマネジャーの資格が国家資格でないこともあり、ケアマネジャーになりたいという声が少ないことも国家資格を検討されている理由の一つと言われています。

 

ケアマネジャーの役割は今後高齢社会に侵攻していく現代社会において、さらに増加すると予想することができます。ですから、今後の介護保険制度の改定によってケアマネジャーの資格が国家資格になる可能性は大いにあるといっても過言ではありませんね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが転職の際に書く志望動機の注意点とは?

    2. ケアマネジャーが高齢者の徘徊を予防するために重要なこととは?

    3. ケアマネジャーの更新手続きの進め方について解説します