ケアマネジャーと相談支援専門員の違いとは?

あなたは相談支援専門員という仕事を知っていますか?相談支援専門員とは障害者の相談や支援を行う仕事であり、障碍者が適切な支援を受けられるようサポートする役割があります。ケアマネジャーの仕事と何が違うのか?という疑問を持つ方もおられると思いますが、実は支援対象者や活躍する場所などが異なるということを知っていましたでしょうか?私自身はあまり知りませんでした。

もしその違いを詳しく知らないという方は、今日の記事をチェックしてみてください。

 

相談支援専門員とケアマネジャーの仕事の違いとは?

 

相談支援専門員とケアマネジャーは、高齢者や障害者の福祉を支援する専門職ですが、役割や活動範囲にはいくつかの違いがあります。

 

相談支援専門員は、主に障害者自立支援法に基づく相談支援事業に携わる専門職です。障害者やその家族と密接に関わり、個別のニーズや支援要件を評価し、適切なサービスや制度を紹介・提案します。相談支援専門員は、利用者の自己決定や自己実現を尊重し、生活支援や社会参加支援を行います。また、福祉サービスの申請や手続きのサポートも担当します。

 

一方、ケアマネジャーは、高齢者や身体障害を持つ人々の介護保険制度に基づくケアプランの作成や調整を担当する専門職です。ケアマネジャーは、利用者の状況やニーズを評価し、個別のケアプランを策定します。具体的には、介護サービスの選定や手配、ケアサービスの調整、ケアチームの連携などを行います。また、利用者との面談や家族との連携も重要な役割となります。

 

働く場所としても異なっています。相談支援専門員は相談支援事務所でケアマネジャーは居宅介護支援事務所や介護施設などで働いています。相談支援事務所は様々な情報の提供や福祉サービスを提供するための事業所であり、地域で独立するための相談に応じることができます。

 

したがって、相談支援専門員は障害者支援に特化し、相談支援事業に従事します。一方、ケアマネジャーは介護保険制度に基づき、高齢者や身体障害者のケアプランの作成や調整に携わります。それぞれの専門職は、利用者のニーズを適切に理解し、適切な支援やサービスを提供することを目指しているのです。

もしあなたが相談支援専門員の仕事に興味を持っていただいたのであれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーの転職で事業所長になるために必要な能力とは?

    2. ケアマネジャーに求められる能力|観察眼を養うためには

    3. 悩みや転職を抱えているならケアマネドットコムで相談してみよう