ケアマネジャーの肩こりや首のこりを解消する方とは?

ケアマネジャーの仕事は基本的に利用者様のサービス調整を行うため、長時間座ってパソコン作業や書類整理などを行うことが多いと思います。となると肩や首などの痛みに悩むという経験をしたことはありませんか?普段でさえストレスの多いケアマネジャーの仕事に加え、身体の不調も仕事に支障をきたすといっても過言ではありません。

その場合どのように対処すべきかを今日は解説してみたいと思いますので是非職場で対応してみてはいかがでしょうか?

 

ケアマネジャーの身体の不調として挙げられる肩こりや首のこりは〇〇で対処しましょう

 

肩こりや首のこりは長時間同じ姿勢を取り続けることで筋肉の持続的収縮が原因で生じます。そのため可能であれば1時間に一度は立ち上がり、ウォーキングや体操を行うようにすることが重要です。デスクワークは集中すればするほど時間を忘れがちです。私自身も同じような経験をすることがありますが、時間を決めてちょっとしたときに立ち上がって体を動かすということをするだけでも、肩こりや首のこりは十分ましになると思います。

 

また、普段から運動をすることで肩こりや首のこりを解消するという方法もあります。

例えばラジオ体操やウォーキングなど、簡単な運動でもいいと思います。

最近であればヨガやピラティスなどもいいかもしれませんね。特に近年女性限定のピラティススタジオも開設しているところもありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

最後にデスク環境の変更をおすすめします。

ノートパソコンであれば、目線は下に向き徐々に頭が前に落ち込んでしまって首や肩に負担がかかるという状況が起こってきます。

そのためこうした環境を整えることが重要になります。最近ならパソコン周辺機器として、ノートパソコンスタンドのようなものがあります。意外と1,000円前後で販売していますので是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

いかがでしたでしょうか?

肩こりや首のこりといったデスクワーク疲れは普段から適切に解消する必要があります。そのためちょっとした工夫で普段の疲れを解消することができますので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?あなたの仕事が少しでも楽になれば幸いです。ぜひ試してみてくださいね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが覚えておくべき熱中症の基礎知識とは?

    2. ケアマネジャーが腰痛に悩む理由について解説します

    3. ケアマネジャーが転職する際に利用者様を引き続き担当できるのか?