ケアマネジャーのミスを防ぐために利用したいデジタルデバイスのすすめ

ケアマネジャーの業務は多忙を極め、どうしてもミスをするという場合も少なくありません。ケアプランの誤りやスケジュール管理ミス、書類の不備や遅延など様々な内容が考えられます。こんな時、仕事を辞めたいと考えることもあることでしょう。しかしながら利用者様の生活に影響が起こっているため早急に解消していく必要があります。

また、次に同じような間違いを起こさないことも重要です。そのために必要なことは何でしょうか?

 

今日は業務を遂行するために重要なスケジュール管理方法について解説してみたいと思います。

 

ケアマネジャーの業務を整理するためにおすすめのスケジュール管理方法とは?

ケアマネジャーの業務は書類管理だけではなく、利用者様宅への訪問やプランニングの設定など多忙を極めます。そのため、スケジュール管理に不備があることでやらなければいけないタスクが重なり消化しきれないという場合が多いように散見されます。

その多くが自分のスケジュール管理がうまくできないことに起因するのではないでしょうか?

 

スケジュール管理はケアマネジャーにとってかなり重要な内容であるといっても過言ではありません。そのためケアマネジャーの多くはカレンダーアプリを使ったりスケジュール管理ツールの活用をしたりしています。

スケジュール管理をアナログ手帳でやりたいという方も少なくありません。

しかし、同じようなスケジュールを毎回書き直す必要があるなどの問題から、書き忘れてしまって失念するということも多いように思います。

 

そのため、繰り返し行う必要のある内容、例えばレセや書類管理の締め切りなどの常に毎月定期的にすべき内容の場合はデジタルデバイスを併用することをおすすめします。

最近はiPhoneもアンドロイドもパソコンデバイスであってもクリック一つで予定を登録することができ、繰り返し作業を登録してくれるデジタルデバイスは多く存在しますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は週または月の初めに、予定やタスクを一覧化して計画を立てようにしています。重要なイベントや締切日、訪問予定などを確認し、優先順位をつけることで、時間とリソースの効果的な割り当てが可能になりますよ。

 

デジタルデバイスとアナログデバイスの併用で自分のスケジュール管理が容易になります。

ぜひこうした方法を練習してみてはいかがでしょうか?

 

    関連記事

    1. 介護旅行に対するニーズが増えている理由とは?

    2. ケアマネジャーへの転職が注目されている理由とは?

    3. 主任ケアマネジャーがいま現場で求められている理由とは?