ケアマネジャーとして働く上でやりがいと給与面どちらを取るべきか

ケアマネジャーとして働く上で、給与面を重視すべきか、それともやりがいを重視すべきかで悩む方は多いと思います。こうした悩みを常に抱えながら働いているケアマネジャーが多いと最近のSNSを拝見していると感じます。

給与面を重視すべきなら、ケアマネジャーではなく介護福祉士として現場で働く方が儲かるという声があるのも事実です。しかしながらケアマネジャーとして多くの利用者様の生活を支えたいという考えを持つ方も多く、この悩みをどちらもかなえるというのは難しいのでしょうか。今日はこの内容について考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーとして働く上でやりがいと給与面のどちらを取るべきか

ケアマネジャーが転職を考える際には、給与面とやりがいの両方を考慮することが重要です。どちらが優先されるべきかは個人の価値観や状況によって異なるため、一概にどちらが良いとは言えません。

 

給与面を重視する場合、現在の給与水準と比較して収入アップの見込みがあるか、将来的なキャリアアップや昇進の可能性があるかなどを考慮します。経済的な安定や生活の充実度を重視する方にとっては、給与面が重要な要素となるでしょう。

もしあなたが給与面を重視したいと考えているなら、介護福祉士として現場で働くという選択も一つです。介護福祉士であれば、夜勤業務もあり夜勤手当という形で給与面はケアマネジャーよりも高くなる可能性があります。

 

一方、やりがいや働く環境、職務内容への満足感を重視する場合、自分の興味や適性に合った職場や業界を選ぶことが重要です。仕事にやりがいを感じられるか、自身のスキルや経験を活かせるか、チームや組織の雰囲気や人間関係が良好かなどを考慮します。心理的な満足感や自己成長の機会が重要な要素となるでしょう。

 

最良の選択をするためには、給与面とやりがいの両方をバランスよく考えることが重要です。自身の優先順位や目標に合わせて判断し、将来的なキャリアや生活の満足度を見据えた転職を検討しましょう。また、転職先の情報収集や面接などを通じて、具体的な給与ややりがいに関する情報を収集し、自身の判断材料とすることも大切です。

仕事は人生の大半を占めるといっても過言ではありません。あなたのライフスタイルに必要なものは何かを考えて、これからの転職を考えたいですね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーの更新手続きの進め方について解説します

    2. 理学療法士や作業療法士がケアマネジャーになるメリットとは?

    3. ケアマネジャーの資格取得に向けた効率的な勉強方法とは?