ケアマネジャーが高齢者の徘徊を予防するために重要なこととは?

認知症患者様が施設内や地域を徘徊するという問題はどこにおいても付きまとってくる問題だと思います。

 

こうした問題に対してケアマネジャーはどのように対応すべきなのでしょうか。徘徊先で転倒し救急車に運ばれるなんて事例も存在し、安全策を講じることが必要になります。適切な対策を講じることで、患者の安全を確保するだけでなく、家族や介護者の心配を軽減することができます。以下に、認知症患者の行方不明を予防するための重要な対策をご紹介します。

 

ケアマネジャーが高齢者の徘徊を予防するために福祉サービスを検討しよう

介護現場において認知症高齢者の徘徊問題を予防することは重要なことです。例えば外出先から自宅に帰れなくなったりいつまでも歩き続けたり、目的地がわからなくなったりという問題が出現しています。

 

こうした場合どのように対応策をとる必要があるのかを今日は考えてみましょう。

まずは環境の安全確保が最優先です。施設や居宅環境において、徘徊を防止するための安全対策が必要です。ドアや窓の施錠、安全柵の設置、転倒やけがのリスクの除去など、環境を徘徊に対して安全なものに整えましょう。

次に監視システムや識別用具を導入したり利用することを検討します。監視カメラやセンサーシステムを活用することで、認知症患者の動きを監視し、早期に異常を察知できます。特に施設では、徘徊リスクの高いエリアに適切な監視システムを導入することが重要です。

最近はapple製品でもAirTagなどの追跡装置も販売されており、iPhone一つで迷子を捜すことができるようになっています。また、識別用具として自分の個人情報を記載したものをカバン等のキーホルダー等に着けておくという方法もあります。これは一つの商品名ではありますが、徘徊感知ができるGPSサービスは介護保険が適応できるサービスもありますので調べてみてはいかがでしょうか。

こうした対策を取りながら徘徊を予防するというのも一つの方法だと思います。

 

いかがでしょうか。

高齢者の徘徊を予防することはとても難しい問題だと思います。しかしながらこうした問題に対して考えることもケアマネジャーの重要な役割になります。介護保険サービスにおいてこうした対策グッズもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

    関連記事

    1. 転職時に調べておきたい認定調査の委託料の行方について

    2. ケアマネジャーのミスを防ぐために利用したいデジタルデバイスのすすめ

    3. 転職前に考えたいケアマネが上司に怒られないために必要な行動とは?