主任ケアマネジャーがいま現場で求められている理由とは?

ケアマネジャーのスキルアップを考えておられる方は、おそらく主任ケアマネジャーの資格取得を目指している方もおられるのではないでしょうか?

主任ケアマネジャーとは介護現場や医療機関において、ケアマネジャーの中で上位の役職に就いたポジションです。主任ケアマネジャーは、通常、ケアマネジャーの中でリーダーシップを発揮し、チームを指導・管理する役割を担います。そのため現場でチームをまとめるという能力が求められます。

今日は主任ケアマネジャーになるために重要なことについて考えてみたいと思います。

 

主任ケアマネジャーに求められる能力とは?

主任ケアマネジャーの仕事は現場で利用者様のサービス内容を調整するだけではなく、ケアマネジャーを統率する能力が求められます。現場スタッフの悩みを解決し、新人ケアマネの育成や指導、相談対応を行うリーダー的役割が求められます。そのため現場のマネジメントスキルは必須技能といっても過言ではありません。

 

また、利用者様とのコミュニケーションスキルはもちろんのこと、チーム内で皆の悩みや目標を設定するためのコミュニケーションが重要になります。そのため、人と話すのが好きだという方は向いているのではないのでしょうか?

 

主任ケアマネジャーになるメリットとは?

主任ケアマネジャーになると責任が増えるため、どうしても避けたいという方も出てくるのではないでしょうか。

しかし主任ケアマネジャーになると、事業所開設に必要な人材として求められるのです。地域包括支援センターや居宅介護支援事業所は管理者として主任ケアマネの配置が必要と定められています。そのため主任ケアマネジャーを求める職場は多いといっても過言ではありません。

主任ケアマネジャーは実際に勤務しているのは4万人と言われています。しかしながら実際に主任ケアマネジャーとしての資格を持って現場で働いている方はもう少し少ないはず。そのためどの事業所も主任ケアマネジャーは取り合いになっているといっても過言ではないかもしれません。

介護や医療の現場では、主任ケアマネジャーはケアマネジメントの中核的なポジションであり、ケアの質や効率を向上させるために重要な役割を果たしています。したがって、多くの施設や組織では、主任ケアマネジャーは求められていますので、ぜひキャリアアップを目指してみてくださいね。

 

    関連記事

    1. ケアマネジャーが業務外のことを依頼された場合の対処法とは?

    2. ケアプランをケアマネジャーの代わりにAIが対応することは本当に可能なのか?

    3. ケアマネジャーの更新手続きの進め方について解説します