ケアマネジャーの更新手続きの進め方について解説します

ケアマネジャーの資格は5年ごとの更新制になり、定期的に更新講習会を受講して申請し、更新しないと資格が取り消されてしまいます。その研修会は原則として登録している都道府県で研修を受講する必要があります。その研修の有効期限は1年以内に完了しなければなりません。

今日はケアマネジャーの資格更新手続きの一般的な流れについてご紹介してみたいと思います。

 

ケアマネジャーの資格更新手続きの進め方とは?

ケアマネジャーの資格更新手続きは、コロナウィルスの蔓延に伴い、オンラインでも演習研修や講義受講が可能となりました。

そのため今までよりも更新が楽になったという状況ではありますが、いまだに手続きが複雑だと感じる方もおられるようです。そのため今日は手続きの流れについて考えてみます。

 

  • 更新手続きの期間確認

まず、介護支援専門員の資格の有効期限を確認しましょう。通常は資格取得から5年間が有効期限となっています。有効期限の前に手続きを行う必要がありますので、期限を確認し忘れないようにしましょう。

 

  • 更新申請書類の準備

更新手続きには、更新申請書類が必要です。所属する地域の社会福祉事務所や介護支援専門員の登録機関から必要な書類やフォームを入手しましょう。一般的には、更新申請書や研修修了証明書、実務経験の証明書などが必要となります。

 

  • 必要な研修の受講

更新手続きには、一定の研修の受講が求められる場合があります。研修の内容や時間数は地域によって異なるため、所属する組織や地域の要件を確認しましょう。研修の受講を完了し、修了証を取得しましょう。

 

  • 更新手続きの提出

更新申請書類と必要な書類(研修修了証明書、実務経験の証明書など)を揃えたら、所属する地域の社会福祉事務所や介護支援専門員の登録機関に提出します。提出方法や期限については、事前に確認しておきましょう。

 

  • 更新審査と更新証の発行

提出した書類は審査され、更新が認められると更新証が発行されます。更新証は有効期限が記載されており、新たな有効期限まで資格が更新されます。

 

このような手続きでケアマネジャーの更新手続きを5年ごとに行う必要があります。

私自身、ケアマネジャーの資格更新ではありませんが、車の免許証の更新手続きを失念していたということもありました。定期的に、期限がいつまでなのかをチェックするか、カレンダーに記載しておくのがいいかもしれませんね。

 

 

    関連記事

    1. ケアマネジャーの仕事は自動車免許の取得が必須なのか?

    2. ケアマネジャーではなく介護現場に戻ろうと思っているあなたへ

    3. ケアマネジャーとして転職するなら難病マネジメントは学んでおこう