ケアマネジャーが転職の際に書く志望動機の注意点とは?

ケアマネジャーとして自分のキャリアアップのためにこれから転職を考えているという場合は、履歴書に志望動機を書かなければいけません。しかしながら転職をするということは前職を辞める理由を書かなければいけません。こうしたときに好印象な志望動機を書ければ一番いいのですが、どのような内容を書けばいいか迷うということはありませんでしたか?

今日はケアマネジャーとして転職する際に書くべき志望動機について、好印象な内容を書くためのポイントをご紹介したいと思います。

 

志望動機を書くときはありきたりな内容を書かないように

まず、志望動機を書くときには自分ならではの内容を書くようにしましょう。

なぜなら、採用担当者はあなただけではなく、多くの人事採用を担当します。そのため何百人もの履歴書に目を通さなければいけないのです。

となると、

「ライフスタイルの変化に伴って転職を考えている」

「結婚や出産に伴って転職をしたい」

「キャリアアップを目指しています」

 

といったありきたりな内容を書いてしまうと、採用担当者の目にはありきたりな内容だなと映ってしまうと思いませんか?

こうした内容を避けるために、あなたならではの志望動機を書いてみてはいかがでしょうか。

例えば私なら、転職先でやりたいことを積極的に書くようにしてみるという方法を選びます。

 

志望動機を書くときはマイナスイメージにならないようにしよう

次に志望動機でマイナスイメージになりやすい事例をご紹介したいと思います。

面接時の注意点と酷似するかもしれませんが、例えば転職に際して給与面を理由に上げたり、人間関係を理由に転職したりするとなると、次の転職先でも同じ理由で転職されるのではないか?というマイナスイメージを植え付けてしまう可能性があります。

 

そのため、こうした内容は避けて志望動機を書く必要があります。

あとは抽象的な内容は避けておく方がよいかもしれません。なぜこの職場で働きたいのか、どういった働き方をあなたが考えているのかを具体的に記載することが好ましいでしょう。

 

履歴書の志望動機はあなたのアピールの場であるといっても過言ではありません。

ぜひ積極的に自分の考えを伝えるようにしていきましょうね。

 

    関連記事

    1. 転職の原因?| 介護士が介護事故を起こした場合

    2. ケアマネジャーに転職する前に調べておきたいメンタルチェックとは?

    3. 災害時にケアマネジャーや介護・医療スタッフに求められることとは?