ケアマネジャーのスケジュール管理にはどんなカレンダーが有用か?

ケアマネジャーの仕事は多くの作業を同時進行で進めていく必要があるという記事を以前書かせていただきました。様々な締め切りや訪問日など、自分で決めた予定を遂行していくためには、スケジュール管理は欠かせません。そのため今まで手帳を持ったことがない、カレンダーを利用したことがないという方も、ケアマネジャーになると必ず使用するようになるといっても過言ではないでしょう。

最近であればスマートフォンやパソコンのカレンダーアプリを利用してスケジュール管理をするケアマネも少なくありません。また、手書きの手帳を利用するという方もおられるでしょう。こうしたツールをうまく使いこなすことがケアマネジャーの仕事の効率化を図る一つの手法かもしれません。

それでは最近のカレンダーアプリはどのようなものがいいのでしょうか?

 

ケアマネジャーの仕事効率化のためにカレンダーアプリを積極的に活用しよう

近年、スマートフォンやパソコンなど、様々なIT機器の進歩が進んでおり、便利な世の中になってきました。

Googleやyahooなど、大手企業もカレンダーアプリをリリースしており、多くのユーザーが利用しています。

カレンダーアプリを利用する場合、スマートフォンやパソコンにアプリをダウンロードして、予定を登録していくことが基本です。登録する際には、日時や場所、内容などを詳細に入力することで、確認しやすくなります。また、リマインダー機能を使うことで、予定の時間や数時間前など、事前に通知が来るように設定することもできます。

 

また、手書きのスケジュール帳を利用する場合は、手帳やスケジュール帳を用意して、手書きで予定を記入することが一般的です。手書きで記入することで、脳に記憶が定着しやすく、視覚的にもわかりやすくなります。また、手帳に付箋を貼ることで、重要な予定やタスクを目立たせたり、自分なりのデザインにしたりして楽しむこともできます。

 

どちらの方法を使う場合でも、定期的にスケジュールを確認することが大切です。また、細かく予定を分けてカテゴリーを作り、色分けすることで、一目で予定がわかるようにすることができます。さらに、スケジュールの調整や変更があった場合には、速やかに修正することで、スムーズなスケジュール管理ができるようになります。

 

以上のように、カレンダーアプリやスケジュール帳を上手に活用することで、ケアマネジャーのスケジュール管理は大きく改善されます。しかし、ツールを使うだけではなく、自分自身で予定を管理し、計画的に行動することが重要ですので是非試してみてください。

    関連記事

    1. 精神的に不安定な利用者様のサービス調整のために必要なこととは?

    2. ケアマネジャーの業務で感じることについてインタビューしてみた

    3. 身体拘束を選択する場合にケアマネジャーが取るべき行動とは?