ケアマネジャー試験合格のための勉強法をご紹介します

ケアマネジャーの仕事は利用者様と地域を結ぶ大事な役割を担います。

令和四年度のケアマネジャーの合格者数は厚生労働省の発表によると10,328人/54,406人で合格率は19%と言われています。

今後、後期高齢社会において要介護者が増えることが予想できる現代でケアマネジャーの役割はさらに増えてくると予想されています。

そのためケアマネジャーの早期育成は急務ではないでしょうか?

もしあなたがケアマネジャーを目指しており、勉強方法に悩んでいるなら今日の記事はおすすめできるかもしれません。

 

ケアマネ試験の必勝法は毎日〇〇すること

 

ケアマネジャーの資格取得のための試験を通過するために必要なことは

毎日コツコツと勉強習慣をつけることです。

朝の時間や夜寝る前、出勤前の5分10分でもいいので、毎日定時に勉強する癖をつける必要があります。

勉強って結局のところ癖づかなければやりませんし、いざ気合を入れても結局やらなかったりしませんか?

あなたは毎朝歯を磨いて顔を洗ってとやりますよね?むしろしないで外出することは少ないはずです。

それと同じで勉強も毎日の習慣が重要だと言われています。

 

勉強は自分自身を管理し、時間を有効に使うことが重要です。集中力を高めるために十分な睡眠や休息を取り、健康的な生活習慣を保ちましょう。また、優先順位をつけてタスクをこなし、時間の浪費を避けることも大切です。

 

毎日勉強するためにモチベーションを保つ秘訣とは?

 

毎日の勉強を継続するためには、モチベーションを維持することが重要です。

自分の興味や関心がある分野について学ぶことや、学習の成果を実感できるような方法を取り入れると良いでしょう。

例えばあなたが担当している利用者様のサービス内容であったり、福祉用具であったりと興味のある分野はありませんか?

勉強をしていると、「あ、この内容はあの患者様に当てはまる」といったことも見つかるはずです。

こうしたことを積極的に見付け、自分の興味のある分野から勉強を始め、習慣化するというのも一つの方法です。

 

他にも、周囲のサポートや勉強仲間との交流を通じて刺激を受けることも効果的です。

図書館で勉強したりするのはよくある勉強法ですよね。自分の勉強スタイルを確立し、習慣化してしまえば、あなたのケアマネジャーの試験合格も目前に近づくはずです。

何事もやらないより遅い方がマシです。ぜひ試してみてください。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが覚えておくべき熱中症の基礎知識とは?

    2. ケアマネジャーは休みの日にも利用者様からの電話に出なければいけないのか?

    3. ケアマネジャーとして転職するなら難病マネジメントは学んでおこう