ケアマネジャーが腰痛に悩む理由について解説します

ケアマネジャーは、利用者様のケアプランの作成だけでなく、ケアやサポートを行う仕事を担当しています。この仕事は、しばしば長時間の立ち仕事や座り仕事を伴い、また身体的な負荷も大きいです。そのためケアマネジャーは腰痛に悩むこともしばしばみられます。

整体院で働いていても、ケアマネジャーの方々が腰痛に悩むという訴えをされることは少なくありません。そんなケアマネジャーの腰痛の問題点と解消法について解説してみたいと思います。

 

ケアマネジャーが腰痛になる主な理由とは何か?

ケアマネジャーは事務作業やケアプランの作成、クライアントとの面談など、長時間座っていることが多い職種です。また、現地でのケアやサポートでは、立ち仕事が求められることもあります。これらの姿勢での長時間作業は、腰への負担となり、腰痛を引き起こす可能性があります。

 

また、前述したようにケアマネジャーは利用者様の身体的なサポートや介助を行うことがあります。そのため移動支援や身体介護などは、腰や背中への負荷が大きくなります。

重い物の持ち運びや移動時の姿勢の維持なども、腰への負担となります。

 

そして、ケアマネジャーの仕事は、クライアントのケアプラン作成や調整、家族とのコミュニケーション、予算管理など多岐にわたります。多忙なスケジュールや精神的なストレスは、身体にも影響を及ぼす可能性があります。ストレスが蓄積すると、筋肉の緊張や姿勢の乱れが生じ、腰痛を引き起こすことがあります。

 

これらの要因が重なることで、ケアマネジャーは腰痛になる可能性があります。腰痛の予防には、適切な姿勢の保持、定期的な休憩やストレッチ、適度な運動、体力の維持、ストレス管理などが重要です。特に、職場でのラジオ体操や定期的な運動、デスク回りでの運動は是非試してみてください。

また、作業環境の改善や適切な道具の使用なども腰痛予防に役立ちます。

具体的にはパソコンの高さの調整であったり、椅子の高さを調整すること、そして目の負担を減らすようにブルーライトカットの眼鏡に変更するなどの方法が考えられます。

ケアマネジャーの仕事は精神的にだけでなく、身体的にもストレスを抱える仕事が多いので、ぜひ解消していきましょうね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーに求められる能力|観察眼を養うためには

    2. 介護現場で後輩ケアマネジャーが年上の場合どのように指導や教育をすべきか?

    3. ケアマネジャーが営業活動をする上で重要な5つのポイントとは?