ケアマネジャーの仕事は自動車免許の取得が必須なのか?

ケアマネジャーの仕事は利用者様宅まで伺う必要があるため、自動車免許が必要だと感じる方もおられると思います。しかしながら、近年自動車免許がなくても大丈夫という求人が増えてきているのを知っていますか?

もちろん自動車免許があれば、より良いとは思いますが、事情によっては免許が取れないという方もおられると思います。

そこで今日はケアマネジャーの仕事に就くために自動車免許がなくても可能なのかどうかを解説してみたいと思います。

 

ケアマネジャーの仕事は自動車免許がなくても可能か?

ケアマネジャーの仕事はクライアントの自宅や施設への訪問が必要な場合があります。その際には、交通手段が必要となることがありますが、自動車に限定されるわけではありません。

近年電動自転車の普及もあり、比較的遠方への移動も容易になってきたといっても過言ではありません。そのため自動車免許の取得を絶対条件にしている事業所は少ない印象を受けています。

 

もちろん事業所によっては自動車免許の取得を絶対条件にしている場所もあります。

しかしながらそうではないのが現代のケアマネ事情のようですのでご安心ください。

 

また、自動車免許がなくても原動機付自転車に乗れれば大丈夫としている事業所もあります。しかしながら電動自転車が普及してきていますので、無理に原動機付自転車の免許取得をしなくてもいいかもしれませんね。

 

自動車免許があれば時間や労力の節約につながる

確かにケアマネジャーの仕事は自動車免許があるほうが、利用者様宅への移動は容易になりますし、マイカー通勤をすることで現場まで直行直帰をすることも可能ですので、時短に繋がることがメリットになります。特に地理的に離れた場所への訪問が多い場合や、複数のクライアントを同時に回る必要がある場合に有益です。

 

しかしながら近年、電動自転車も普及していることもあり、坂の上の利用者様宅への移動も容易になってきました。

先日、訪問先の利用者様宅がかなりの勾配のある坂の上にあるのですが、電動自転車で汗一つかかずに訪問先までケアマネジャーが来訪されたのは衝撃でした。

こうした電動自転車の利用もできますので、一概に自動車免許が必須であるという時代ではなくなったのではないかと感じています。

業務上自動車免許を持っていないからケアマネジャーになれないと思っている方は、考え方を変えてみるというのも一つかもしれませんね。

 

 

 

    関連記事

    1. 悩みや転職を抱えているならケアマネドットコムで相談してみよう

    2. 転職時に調べておきたい認定調査の委託料の行方について

    3. ケアマネジャーへの転職が注目されている理由とは?