ケアマネや介護福祉士が都市部近郊で求められている理由とは?

2025年には団塊の世代が75歳を超えるといわれていますが、徐々にその問題が顕著になり始めています。先日朝日新聞デジタルでは人口の23.5%、315万人が65歳以上の高齢者であるという試算が発表されました。

東京、巣鴨はおばあちゃんの原宿と言われていますが、実際の原宿よりも多くなる時代もそう遠くないかもしれません。現状、東京では都心部から郊外にかけて徐々に高齢化が進んでいるようです。

 

さて、ということはこれからケアマネジャーや介護福祉士のニーズは徐々に増えていくといっても過言ではないかもしれません。今日は東京のケアマネジャーや介護福祉士のニーズについて考えてみたいと思います。

 

介護福祉士やケアマネジャーのニーズは今後さらに増えていきます

 

さて、冒頭でも書きましたが、東京都では4人に一人が高齢者という時代になってきました。今後高齢者の数は年々増加傾向にあるといっても過言ではありません。

現状、団塊の世代が高齢者に突入する時期を2025年と言われていますが、あと2年でこれらの問題を解決することは可能なのでしょうか?

 

現状、東京都内では高齢化が進んでいるという話ですが、実はこの高齢者がこのまま東京都内で生涯を終えるということは少ないと私は予想します。

東京では都心部から郊外にかけて徐々に高齢化が進んでいると書きましたが、実際のところでは東京だけでなく、埼玉、千葉、神奈川と東京近郊の都市部で施設数が増回傾向にあるのです。

 

今後もさらに増加することが予想されるといっても過言ではないかもしれません。

となると、施設運営に必要な介護福祉士やケアマネジャーのニーズは増加することが予想されます。特に首都圏近郊の都市部では現在も求人数は多く、就職情報サービスでも多くの情報が出てきます。

 

これからの時代において、仕事を求めるなら介護福祉士やケアマネジャーへの転職は一つの選択肢として考えてもいいのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。

介護福祉士やケアマネジャーのニーズは昔から重要性が問われてきました。

2025年が近づいてきた現代において、さらにニーズは高まっているといっても過言ではありません。

介護現場の働き口は今後も増えると考えられますので、ぜひチェックしていきましょうね。

    関連記事

    1. 介護職への転職は資格なしの未経験でも大丈夫?

    2. ソーシャルワーカーの人手不足|人々の支えに必要な専門家の減少

    3. 介護士のスキルアップに使える専門実施教育訓練給付金とは?