ストレスを抱えるケアマネジャーに陥りやすいケアマネロスとは?

ケアマネジャーが業務上のストレスや負担からうつ病や不安障害などの精神的な病気にかかってしまうことをケアマネロスと言われています。ケアマネジャーは利用者様との長期的な関わりや、多忙なスケジュール、専門性の高い業務などがストレスとなり、心身に負担をかけることがあります。そこで、ケアマネロスを防ぐためには何をしなければいけないかを今日は考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーが陥りやすいケアマネロスを回避する方法とは?

 

ケアマネジャーが自分のストレスを発散できないという理由から、ケアマネロスという状況に陥ることが多発しています。

その多くの原因は多忙な業務量や孤独感というストレスが原因であるといわれています。

誰にも相談できず、ただ自分の業務を淡々とこなすしかないという状況がケアマネロスを引き起こします。

 

そのために必要なのは自分のストレスマネジメントが重要だといわれています。

ストレスマネジメントとは、ストレスを適切に認識し、それに対処するための方法を学ぶことで、ストレスの影響を軽減するためのプロセスです。具体的には、ストレスの原因を特定し、その原因に対処するための手段を見つけることが含まれます。

 

ストレスマネジメントの目的は、ストレスを軽減し、身体的および心理的健康を維持することです。ストレスは、体に多大な影響を与えるため、ストレスマネジメントは健康を維持するために非常に重要です。

 

ケアマネジャーのストレスマネジメントにおすすめの方法とは?

 

ストレスマネジメントにはまずリラックスするということが重要になります。

そのためにおすすめの方法として以下の方法を試してみてください。

 

深呼吸:ゆっくりと深呼吸をすることで、心身をリラックスさせることができます。吸うときにはお腹を膨らませ、吐くときにはお腹を引き締めるようにすると、より効果的です。

 

プログレッシブ・マッスル・リラクゼーション:筋肉を順番に緊張させ、緩めることで全身をリラックスさせます。自分で練習することもできますし、専門の指導者に教わることもできます。

 

瞑想:目を閉じて、呼吸に意識を集中することで、心を静めることができます。瞑想は、自分自身で行うことができますが、専門家の指導があると効果的です。

 

こうした方法を利用して自分のストレスマネジメントを徹底することが、ケアマネロスを防ぐことに繋がるかもしれませんね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーが高齢者の徘徊を予防するために重要なこととは?

    2. ケアマネジャーが地域と連携していく重要性について考えてみた

    3. 主任ケアマネジャーがいま現場で求められている理由とは?