先輩ケアマネジャーとうまく関係を構築するために必要なこととは?

ケアマネジャーとして働き始めて、なかなか先輩ケアマネジャーと話す機会が少ないということはありませんか?ケアマネジャーの仕事は多忙を極め、現状直行直帰ということも少なくありません。そのためなかなか指導をしてもらえないためどうしたらいいのかわからないということも少なくありません。その場合あなたはどうすればいいのでしょうか?

今日は先輩ケアマネジャーとうまくやっていくために必要なことについて解説してみたいと思います。

 

先輩ケアマネジャーとうまくやっていくためには自分から積極的に関わろう

先輩ケアマネジャーとうまくやっていくためには、自分から行動を起こすということが重要になります。先輩ケアマネジャーも後輩を指導しなければいけないということは頭ではわかっています。しかし時間的制約がある以上、必要最低限の指導はするけど、あとは自分で考えてということも少なくありません。

そのため先輩は指導した、しかし後輩は全然指導してもらえないという葛藤に悩むことも多いように感じます。

 

もしそういう状況に陥っているのであれば、ぜひ積極的に自分からコミュニケーションを行うようにしていきましょう。コミュニケーションは信頼関係を築く基盤です。積極的に声をかけ、相手の意見や考えを尊重しながらコミュニケーションを取ることで、協力関係を深めることができます。そうすることで自分から学ぶ姿勢をアピールすることに繋がりますし、謙虚な姿勢で質問をすることは、知識の共有と成長に繋がります。先輩からのアドバイスや経験談を積極的に受け入れ、学ぶ姿勢を見せることが大切です。

 

こうすることが先輩ケアマネジャーとうまくやっていくために必要なことなのではないかと私は感じます。

 

自分自身の知識面の不足は、利用者様の不利益につながってしまいます。そのため積極的に自分から先輩に質問を投げかけていくことで、先輩ケアマネジャーとの関係性を構築することだけでなく、利用者様への有益な情報収集にもつながります。ただ、積極的に質問をすることも重要ですが、時には先輩ケアマネジャーの都合も考えて質問することも考えておくべきでしょう。状況的に質問しずらいという場面もありますので注意しましょうね。

 

    関連記事

    1. ケアマネジャーの悩みを相談する場所はどこにある?

    2. ケアマネジャーの更新手続きの進め方について解説します

    3. ケアマネジャーの仕事で残業を回避する方法とは?