精神的に不安定な利用者様のサービス調整のために必要なこととは?

ケアマネジャーが利用者様のサービスを調整するうえで様々な内容を考えなければいけません。特に精神的に不安定な利用者様に対して、環境を変えるときには特に注意が必要です。

自分の環境が変わることで精神的にさらに不安定になり日常生活が送れなくなるということも少なくありません。

こうしたときにはどのようなことを考えてサービスを提供していけばいいのでしょうか。

今日は精神的に不安定な利用者様のサービスを提供するうえで重要なことについて考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーがサービス調整する上で重要なこととは?

ケアマネジャーが利用者様の日常生活を調整するうえで、利用者様の環境の変化に伴う精神面への影響を考えなければいけません。こうした利用者様の精神面への影響はちょっとした変化でも現れるものです。そのため利用者様にはしっかり状況について説明し、信頼関係を築いたうえで進めていかなければいけません。

 

その時に重要なのは利用者様に対するコミュニケーションです。

精神的に不安定な利用者様に対しては、コミュニケーションに特に注意を払う必要があります。利用者様の状態に合わせて話し方や態度を変え、今の現状の説明をきちんと行い、利用者様がどのように感じているのかをこちらがきちんとくみ取り、利用者様との信頼関係を築くことが大切です。

 

私の利用者様で担当者が変更になったということから、精神的に不安定になりご家族様に強く当たるようになったという利用者様がおられました。

こうした担当者の変化やサービス内容の変化に適応することが精神的に不安定な利用者様は苦手になっています。そのためこうした環境の変化に対してどのような変化が利用者様にあるのかをきちんと理解し、その時の対応方法を徹底的に考えておく必要があります。

 

ケアマネジャーとして利用者様のサービス内容を調整するうえでは様々な利用者様を担当することがあります。そのため利用者様一人一人に合わせた環境調整やサービス調整を行うためには利用者様を理解することが重要になります。一人一人に向き合い、その人らしい生活を営めるように調整することを心掛けて対応できるようにしていきたいですね。

    関連記事

    1. 転職の原因?| 介護士が介護事故を起こした場合

    2. 災害時の介護福祉士やケアマネジャーの役割について考える

    3. サービス管理責任者の役割 | サービス担当者会議