ケアマネジャーが営業活動をする上で重要な5つのポイントとは?

ケアマネジャーとして働く上で重要なことが一つあります。それは営業能力です。

新しい職場で、ケアマネジャーとしての道を歩み始めたあなたが、次なるステップとして営業に挑戦する場面を想像してみてください。営業は新人ケアマネジャーにとって、一歩踏み出す勇気とスキルの向上が求められる重要なフェーズです。今日は営業で成功するための戦略と心構えについて紹介します。

 

ケアマネジャーに必要な営業活動に必要な5つのポイントとは?

 

営業活動は今までやったことが無いけど、新しい職場で営業活動をするように命じられることは少なくありません。どの事業所においても、利用者様がいなければケアマネジャーも活動することはできません。そのため多方面に営業として回る必要もあるのです。

 

そこで覚えておいてほしい5つの営業に必要なポイントについて解説してみたいと思います。

 

まず一つ目はターゲットがどこにあるのかです。闇雲に事業所回りをしても時間は有限ですので、まずはどの地域でどのあたりの系列の事業所に回るべきかを考えましょう。

 

次にマーケットリサーチも重要です。営業活動においては、マーケットリサーチと競合分析が欠かせません。自身の活動地域の高齢者や障がい者の需要や傾向、競合他社の存在や提供するサービスを把握しましょう。それにより、自社の強みや差別化ポイントを見つけることができます。

 

3つ目は信頼と関係の構築を図っていきましょう。ケアマネジャーとしての信頼を築くことは営業活動において非常に重要です。クライアントやその家族との対話や面談を通じて、彼らのニーズや懸念を理解しましょう。誠実さや真摯な姿勢を持ち、聞き上手であることも大切です。また、約束を守ることも信頼構築につながります。

 

4つ目は付加価値の提供を考えてみましょう。営業活動では、利用者に対して付加価値を提供することが重要です。ケアプランの提案やオプションの提供、情報提供など、彼らの問題解決や利益向上につながるアイデアやサービスを提供しましょう。クライアントがあなたの存在を必要と感じるようになることで、ビジネスチャンスが広がります。

 

最後にフォローアップと長期的な関与が重要です。単なる一度きりの取引ではなく、利用者との長期的な関係構築を目指すための重要な要素について、あなたのできる事を積極的にアピールするようにしましょう。

 

営業活動をしたことが無いという方も、この5つのポイントを絞っていくことが重要なのでぜひチェックしておいてくださいね。

    関連記事

    1. ケアマネジャーがうつ病にならないために身に着けておくべきこととは?

    2. ケアマネジャーの仕事で残業を回避する方法とは?

    3. ケアマネジャーが身に着けておくべきメンタルケアを紹介します