福祉用具相談員に向いている人の特性|福祉の世界で活躍するために

福祉用具相談員の仕事には理学療法士や作業療法士の資格を取得している方も、この資格を取得して福祉用具業者で働いているという方もおられるのをご存じでしょうか?

福祉用具は病気を抱えた患者様がご自宅で生活するうえで欠かせないものです。こうした仕事は年々ニーズが高まっており、最近であればケアマネジャーもこうした資格を取得しているといったお話を聞くことが増えてきました。

今日はこうした資格を取得するべき人の特徴について解説してみたいと思います。

 

福祉用具相談員という資格を取得すべき人の特徴とは?

 

福祉用具相談員は利用者のニーズに合った福祉用具の提案やアドバイスを行い、日常生活の質の向上をサポートします。また、利用者や家族、介護スタッフとのコミュニケーションを通じて、適切な用具の選定や使い方を指導します。そのためにはコミュニケーション能力がこの職には不可欠です。利用者の要望や悩みを正確に理解し、適切なアドバイスを提供するためには、高いコミュニケーションスキルが必要です。利用者や家族と信頼関係を築き、安心して相談できる環境を作ることが大切です。

 

また、専門知識と技術、問題解決能力も重要です。様々な種類の福祉用具に関する深い知識はもちろん、それらを使うことでどのように生活が改善されるかを理解し、伝える能力が求められます。さらに、最新の福祉技術やトレンドに常に敏感であることも、この職種には必要です。

 

最近であればスマートフットレストというものが介護・医療系のトピックスに上がりました。今までは跳ね上げ式のフットレストでしたが、これは少し触れるだけで半自動的に跳ね上げることができるふっとレストが開発されました。

こうしたトピックスに敏感になれる方は、福祉用具相談員への適正はあるかもしれませんね。

こうした職種は社会への貢献への熱意がこの職には欠かせません。福祉用具相談員としての仕事は、単に物を提供するだけでなく、社会福祉への貢献という大きな意義を持っています。この職を通じて社会に貢献することにやりがいを感じ、モチベーションを保つことができる人にとって、この仕事は非常に適しています

    関連記事

    1. サービス管理責任者の役割 | サービス担当者会議 2

    2. 理学療法士が転職を考えるならジェネラリストを目指すべき理由とは?

    3. 他の介護職からサービス管理責任者に転職する理由