生活相談員が利用者様にうまく説明するために覚えておくべき3つのルール

生活相談員の仕事は基本的に利用者様が自分で意思決定ができるように、できるだけわかりやすい表現で説明し、理解させる必要があります。そのためいかに利用者様の理解を得られるように話すか、という話術が求められます。

これはソーシャルワーカーの倫理綱領にも記載されており、生活相談員の命題であると言っても過言ではありません。ではどのようにすれば、利用者様の理解を得られるようになるのでしょうか?

今日は利用者様にわかりやすい話し方について解説してみたいと思います。

もしあなたが自分の話をうまく理解してもらえないと悩むのであれば、今日の記事はあなたのための記事であると言っても過言ではありませんので是非チェックしてください。

 

生活相談員に必要なわかりやすい話し方を身に着けるために必要なこととは?

 

生活相談員の仕事の一つとして、利用者様に必要な情報を「わかりやすく説明する」ということが求められています。

これは利用者様の自己決定を尊重し、その権利を十分理解し活用できるようにしなければいけないという生活相談員の倫理責任があるからです。

 

利用者様の認知機能が正常であることを仮定して、もしあなたの説明があまり理解されていないなと感じているのであれば、まずは今日の内容を参考にしてみてください。

 

相手に理解してもらうためには以下のことに注意して説明することをおすすめします。

 

  • シンプルな言葉を使用する

我々は専門家ではありますが、利用者様は専門的な言葉を理解しているとは限りません。いかにわかりやすい言葉を使うかを考えて説明することをおすすめします。

 

  • 具体的な例を挙げる

抽象的な概念や理論を説明する際には、具体的な例を挙げることが効果的です。例えば、心の健康を保つために「適度な運動を行う」という場合、具体的な運動方法や効果を例示することで、相手にイメージしやすくなります。

 

  • 説明する際にゆっくり話をする

高齢者は早い言葉が聞き取りにくくなっているということをご存じですか?高齢者は耳の中にある音の振動を電気信号に変える組織が劣化して、うまく言葉を認識しにくくなっているのです。そのため早口言葉はうまく聞き取れないという問題を抱えていますので、ゆっくり話をするということを心掛けてください。

 

いかがでしょうか?

あなたの説明がうまく利用者様に伝わるためにはあなたが気を付けなければいけないことがあることを今日の記事で学んでいただければ幸いです。

    関連記事

    1. 認知症患者様とのコミュニケーションスキルを解説します

    2. サービス管理責任者は兼務が可能かを調べてみる

    3. ケアマネジャーに求められる能力|観察眼を養うためには