生活相談員が偉そうと思われないために必要なこととは?

生活相談員の仕事は多岐にわたり業務内容が多く職場では「偉そう」というレッテルを張られることがあります。もちろん、これを読んでくださっているあなたはそんなことはないと思いますが、一般的にはそう思われがちになっていることが多い印象を受けます。しかしながらそう思われてしまうと自分の業務に差し触るのです。それはなぜか?

今日の記事では「生活相談員が偉そうと思われると業務がうまく進まなくなる理由」についてご紹介したいと思います。

 

生活相談員が偉そうと思われることで損をする理由とは?

 

まず最初に、生活相談員の業務の根幹を再認識してみましょう。生活相談員の仕事は利用者様と職員の橋渡しが一番の業務です。つまり利用者様のニーズを職員同士で共有することが一番大切なことなのです。

しかしながら、生活相談員は様々な仕事を兼務することが多く、偉そうだと思われてしまっていることがあります。そうなると、利用者様の要望やニーズを職員同士で共有したくても、自分の話を聞いてもらえないという状況にもなりかねません。

 

あなた自身も偉そうにしている人の話は聞きたくないという先入観が働く場面も経験したことがあると思います。そうしたネガティブな印象を与えてしまうこともありますので、こうした印象は与えないようにするほうが得策かもしれません。

 

偉そうと思われないために必要なこととは?

 

では、偉そうと思われないために必要なこととは何でしょうか?一言で説明すると謙虚な気持ちで相手の立場に立って話ができることが重要になります。

 

自分が持つ知識や経験に自信を持つことは良いことですが、それを人に押し付けるのではなく、謙虚な態度を持ちましょう。相手の意見や経験を尊重し、教えられることや学ぶべきことがあると認識することが大切です。そして一方的ではなく自分の意見を通じて相手の意見を聞ける立場を心掛けることが重要になります。自分が知っていることや経験を披露するのではなく、相手に対して興味を持ちましょう。相手の話に積極的に反応し、相手の意見や経験に関心を示すことで、対話を対等な関係で行えます。

 

こうした謙虚さがあるかどうかで、自分の印象は異なります。ですのであなたの行動や態度が職場のスタッフに与える印象が変わりますので、ぜひ今日のことを参考に業務に取り組んでみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 上司との関係改善|転職を考えずに済む方法

    2. キャリアアップへの一歩:サービス管理責任者としての給与の展望

    3. 転職前の介護士必見!面接で緊張しないための3つの極意