介護福祉施設における看護師不足の問題と課題について

年々増加している高齢者の入所先問題が深刻化しています。先日もバス会社の倒産によって地域住民の足がなくなるといった問題がテレビで報道されていました。こうした高齢社会における問題が深刻化する中、介護福祉施設における看護師不足も深刻化しています。

介護保険施設は病院よりも給与面が低いことや、介護負担が大きいことが原因でなかなか人員を確保できないという問題を抱えています。こうした問題から介護士不足以上に看護師が転職を考えるという問題を抱えているのが今の日本の現状ではないでしょうか。

今日はこうした問題をいかに解決すべきかを考えてみたいと思います。

 

介護福祉施設における看護師の獲得に向けて考えるべきこと

訪問看護ステーションで働いている看護師に話を聞くと、家庭と育児、仕事を両立するためにはある程度決まった時間に退勤できるというスタイルを取れる仕事を選ばざるを得ないという現状があります。そのため、病院勤務や介護福祉施設での勤務になると夜勤業務が付きまとってくることもあり、なかなか家庭との両立が難しいと感じている看護師が多いのが現状のようです。

 

となると介護福祉施設における看護師獲得のカギとなるのは、この夜勤業務の負担を以下に減らすかということにあるのではないでしょうか。

 

最近は夜間のオンコール代行サービスのようなものもあり、夜間の看護師の負担を減らすサービスも増えてきています。

 

近年高齢化に伴い介護保険施設のニーズは増加している反面、看護師や介護士スタッフの確保がなかなかできないという深刻な問題を抱えています。医療機関ですら必要な人材を確保できず、急遽病院を廃業しなければいけないという問題が先日もテレビで報道されて問題になりました。

 

こうした夜間オンコール代行サービスを利用したことで、妊娠や出産、子育てなどと両立しやすい職場であると認知されて採用数が増加したという職場もあるようです。

こうした夜間対応の負担をいかに減らして働いてもらうスタッフを確保するかを考えるというのも企業側の努力なのかもしれません。

もしあなたがこれから転職を考えているのであれば、こうした夜間の急な出勤があるのかないのかをチェックして転職活動をするというのも一つの方法かもしれませんね。

    関連記事

    1. 児発管とサビ管の仕事の比較

    2. 介護職が高収入の転職を狙うなら。月収30万以上目指すポイント

    3. 介護士の転職は地方がおすすめな訳