作業療法士が児童発達支援管理責任者の資格を取得することでできる転職先とは?

あなたは児童発達支援管理責任者という資格を知っていますか?児童発達支援管理責任者は、特に発達障害や発達に関する支援が必要な子どもやその家族に対して、適切な支援を提供するための専門的な役割を果たす専門家です。これは児童発達支援施設に必ず一人以上の配置が義務付けられており、近年発達障害を有する児童が増えていることから、放課後等デイサービスの増加に伴いニーズが高まっている資格でもあります。

最近であれば作業療法士が児童発達支援管理責任者の資格を取得し、転職を考えている方も増えているようです。今日は児童発達支援管理責任者の資格を取得して児童発達支援施設に就職するメリットについて考えてみたいと思います。

 

児童発達支援管理責任者の資格を取得して働ける場所とは?

児童発達支援管理責任者の資格を取得することは、発達障害を有する子供たちの状態に応じて家庭や関係機関などと連携を取りながら子供に対する療育や支援を進めていくリーダーなのです。

 

この資格は放課後等デイサービスや児童発達支援といった施設には1名以上必ず勤務していなければいけないと定められています。

児童発達支援管理責任者の役割は、子どもや家族に対して、発達に関する情報や支援に関するアドバイスを提供します。これにより、子どもや家族が適切なリソースやサービスを利用できるようにサポートすることです。

 

年々発達障害を有する子供は増えていることからも、児童発達支援施設は増えており、子供や家族へ支援は今後も増えてくることが予想されています。こうした資格は臨床心理士や作業療法士などの資格を取得している専門家にはニーズが高く、特に作業療法士で子どものリハビリに携わっているセラピストに人気の資格となっているようです。

 

児童発達支援管理責任者の資格を取得し、放課後デイサービスへの転職を考えている方もおられるのではないでしょうか?作業療法士としてこうした場所への転職はあなたのキャリアアップの一つとしても知られています。

放課後デイサービスや児童発達支援施設への転職が叶えば施設長や管理者になることも夢ではなく、さらなる給与アップを目指すことができるのではないでしょうか。ぜひこれからのあなたのキャリアアップの参考にしてみてくださいね。

    関連記事

    1. 経験の浅い介護士が転職で失敗しないためには複合施設がおすすめの理由

    2. 介護士が転職で失敗しないために面接で聞きたいチェックポイント

    3. 介護士必見 | 訪問介護現場で起こる事例について解説します