サービス管理責任者の退職理由で多いのは

サービス管理責任者は障害福祉施設などで非常に多くの役割を果たし、現場のリーダー的な役割をはたします。

よって、その他の介護スタッフなどより給与面や条件が良い待遇で働くことができます。

 

そんな福祉介護業界で高いステータスをを誇るサービス管理責任者でも退職する方が少なからずいます。

 

本記事ではサービス管理責任者の退職理由について解説します。

 

サービス管理責任者の退職理由

サービス管理責任者は、障がい者福祉サービスの質を高めるため、多岐にわたる役割を果たしています。

その一方で、様々な理由から退職や転職を考える人もいるようです。

以下では、そんなサービス管理責任者が抱えがちな悩みや退職・転職に至る理由について掘り下げていきます。

 

業務の多さと責任

サービス管理責任者は、個別支援計画の策定から実施、評価に至るまで、利用者一人ひとりに合わせた細やかなサービスを提供することが仕事です。

こういった業務には多くの時間、注意、専門知識が必要なことは言うまでもありません。仮に施設の利用者が50人いれば、50人分の個別支援計画書を作らなければなりませんし、その業務量は膨大です。

業務の多さは単なる時間の問題ではなく、精神的にしんどくなることもあります。

また、昨今介護福祉業界ではスタッフの不足が問題となっているので、一人で多くの業務を担うことになり、そのストレスは計り知れません。

 

障がい者福祉サービスにおいて中心的な役割を担うサービス管理担当者は、施設全体の運営に大きく影響を与える責任を背負っています。

そのため、職務に対する責任の大きさからくるプレッシャーを感じることがあります。

 

スタッフ管理の複雑さ

介護福祉業界では、無資格でも入職できる職種もありその分多様な経歴を持つ人々が施設で働くことが多々あります。

これは多様性という点で大きな強みとなりますが、同時に、価値観や意見の相違から生じる人間関係の問題も少なくありません。

先程、お伝えしたようにサービス管理責任者はデスクワークだけでも膨大な量の仕事をこなさなければなりませんし、その上で様々な特徴を持つスタッフのことを理解し、より良い職場づくりに尽力する必要があります。

時にはスタッフ同士がもめたり、対立したりすることもあるでしょうが、その際もサービス管理責任者はスタッフマネジメントも業務の一環ですので、解決に導かなければなりません。

サービス管理責任者は、これらの課題を乗り越え、調和のとれた職場環境を築くことが期待されますが、これは時に大きなストレス源となりえます。

 

上記の様に、やはりサービス管理責任者は多忙であり、そしてやりがいのある仕事だということなのだと思います。

その分他の介護福祉職の人より給与が良いのも間違いありませんので、そういった大変さも楽しめるという方には良いのかもしれませんね。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の名前だけを貸し出すことは可能なのか

    2. サービス管理責任者の将来性と業界動向

    3. 介護士の転職で知っておきたいサービス提供責任者(サ責)とは?