サービス管理責任者に読書を勧めるその理由は?

サービス管理責任者は障害福祉業界の中でも非常に膨大な業務量を抱えている職種の一つです。

もちろん日々の業務量は朝からタイムスケジュールを組んでいたとしても、スケジュール通りに予定が進むことは少なく、残業をしなければならない日も多くあるでしょう。

しかし障害福祉事業所においてはほとんどが週休2日制であり、ある程度固定の休日は確保できることが予測されます。

また、読書であればバスや電車での通勤時など時間を有効活用することも可能ですよね。

今回はその読書のメリットについて解説します。

 

サービス管理責任者が読書をするメリット

サービス管理責任者の離職理由の一つとして、業務量が多く身体的負担や精神的負担が大きいといった理由や人間関係などが理由として挙げられます。

近年はサービス管理責任者のメンタルケアなども重要視されているため、ストレスの解消や生活の質の向上に目を向ける上で、リフレッシュ効果があり自分自身が読みたい時間に読みたい量だけ読み進めることができる読書は、サービス管理責任者に非常におすすめです。

 

また、書類作成やコミュニケーションをとることの多い仕事であるため、読書から得られるメリットは多くあります。

・会話力や文章力の向上

読書をすることで普段自分自身では使わない表現や言い回しなどを読むことができ、自然と文章能力や言葉の表現が豊かになり会話力が向上します。

 

・ボキャブラリーの増加

文章力の向上と同様で、知らなかった単語や漢字に触れる機会にもなります。そうすると知識や教養を身に着けることもでき、綺麗な言葉遣いなども同時に学ぶことができます。

 

・多様な話題を持てる

サービス管理責任者は利用者様とそのご家族様、関係機関の担当スタッフと話す機会が多くあります。その中で本から得られる情報や共通の話題などがあれば会話に困ることはありませんよね。

 

・ストレス解消

読書には散歩やコーヒーを飲むなどよりもストレス解消効果があると言われています。短時間でも毎日読書をすることで多くのメリットを得ながらストレスも解消できるでしょう。

 

以上の様にサービス管理責任者が読書をすることで、仕事で活かすことのできるスキルの習得だけではなく、気持ちの整理をつけながらリラックスをすることもできるのだと思いますし、仕事とプライベートのどちらも豊かにする最適な方法の1つなのではないでしょうか。

 

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者が知っておくべき雇用形態

    2. サービス管理責任者に必須な多職種連携について

    3. サービス管理責任者 | 上司としての良い行動