サービス管理責任者が勉強すべき分野と勉強方法

サービス管理責任者として働く方は、皆さん難易度の高い資格要件をクリアしてサービス管理責任者として働かれています。

そんなサービス管理責任者の方々は、介護福祉業界の中でも、自己研鑽意欲の高い方が多い傾向にあるのではないでしょうか?

多忙な業務のなか時間を縫ってスキルアップをしなければいけないサービス管理責任者ですが、今回は勉強すべき分野とその方法について解説します。

 

サービス管理責任者が勉強すべき分野

・個別支援計画について

個別支援計画の作成はサービス管理責任者にとって一番主となる業務です。各利用者様に応じたサービス支援計画を作成しなければいけませんが、その内容が利用者様に適しているのか、また他のサービス管理責任者はどのように計画を作成しているのかなど、作成から実際の支援までを研修会では学ぶことができます。

 

・人権や虐待について

障害福祉業界で働くうえで、人権や虐待、ハラスメントなど法律に関わる分野の知識は欠かすことができません。

利用者様の中には、障害により話ができない、身体が動かせないなど様々なケースがあります。

しかし、どのような状況でも「人」として関わっていくことが介護福祉業界で働く方には求められます。

また、サービスを提供する事業所には利用者様に対する虐待防止が求められているため、自身の事業所のみならず、他の事業所がどのような取り組みで防止に努めているかを把握することも重要です。

 

それではサービス管理責任者上記の様な内容をはどうやって勉強したらいいのでしょうか?

そのいくつかの方法についてお伝えします。

 

・研修会、勉強会への参加

サービス管理責任者の経験が豊富な方からの講義を受けられる良い機会です。何のために何を勉強するのかなど、目的を持って参加する研修や勉強会を選びましょう。

今では研修会も勉強会もオンラインで実施されていますし、以前より気軽に受講できるようになっていますし、同じようなモチベーションの方や悩みをお持ちの方と出会うことができる場でもあるので、人脈も広げることができます。

 

・障害福祉や人間関係に関しての本を読む

勉強の場としてはあまり馴染みがないものかもしれませんが、本を読むことでも新しい考え方を学ぶことができます。

障害福祉に関する法律や人間関係に悩みを持つ方に向けての本など、インターネットだけではなく本も低コストで学ぶことができますよね。

 

サービス管理責任者の勉強方法 | まとめ

介護福祉業界で働くには新しい情報のアップデートや自己研鑽は欠かせません。

まずは目的を明確にしてから自身に合った方法で学ぶ機会を得られるよう計画だてて行動してみてはいかがでしょうか。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者研修の事前課題で気を付けたいこと

    2. 介護業界のサービス管理責任者からの辞職|あなたの決断とその理由

    3. サービス管理責任者のやりがいと利用者の成長