サービス管理責任者が気を付けるべきメンタルヘルスケア

サービス管理責任者は、障害福祉サービスを提供する事業所においてリーダー的役割を担っています。

サービス管理責任者が舵を取り、利用者様により良いサービスが提供できるよう、個別支援計画の作成から各関係機関との連携までを行わなければいけません。

ただ外部とのやりとりが増えるとなると必然と人間関係に悩まされる機会も多くなります。

また、それと同時に責任もより一層重くなりストレスを感じる方も少なくないと思います。そのサービス管理責任者が気を付けたいポイントとして、身体面の健康やワークライフバランスなどが挙げられますが、今回は精神面において気を付けたいことを解説します。

 

サービス管理責任者がすべき精神面のケア

サービス管理責任者は事業所の中心的立ち位置になります。

自分自身のメンタルヘルスケアも重要ですが、職員へのメンタルヘルスケアを考えることも重要になります。もし職員へのケアを怠っていると、仕事自体へのモチベーションの低下から仕事効率が下がり、最悪の場合は事故やトラブルに発展してしまうケースもあります。そのため職員に対して 職場全体で行うべきケアと自分自身で行うことができるケアをいくつか解説します。

 

サービス管理責任者が職員に対して行うメンタルヘルスケア

・現場で職員の様子を伺う

職員の様子を観察するだけでなく、現場の環境や利用者様の雰囲気などを把握することで、普段から職員と相談しやすい環境を作ることができます。

 

・ストレスチェックを行う

近年、どのような職種においてもストレスチェックを行う職場が増えてきているのではないでしょうか? 事業所や施設によってことなりますが、心の健康状態について把握し、職場環境の改善につなげ、労働者が不調になることを未然に防ぐことができます。

 

サービス管理責任者自身のメンタルヘルスケア

・業務内容の見直し

サービス管理責任者にしかできない業務もありますが、その他の業務を分担するなどして、自身の負担を軽減することも重要です。うまく他の職員を頼ってみましょう。

 

・仕事以外の時間を有意義に過ごす

仕事以外のプライベートの時間を充実させるようにしましょう。ストレス発散となる趣味活動を行うなど、心身ともに仕事から離れる時間も大切にすることでバランスがとれるでしょう。

 

サービス管理責任者が気を付けるべきメンタルヘルスケア | まとめ

サービス管理責任者として激務を遂行していく上で精神面のケアは非常に重要な要素となります。職員のケアも行いつつ自分自身にも目を向け、心の健康を保ち続けられるようにしましょう。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者とリハビリ職の勤務地の関わり

    2. サービス管理責任者の働く職場について

    3. サービス管理責任者の役割と地域課題解決策