サービス管理責任者の転職に失敗しないためのポイント

以前からお伝えしていますが、サービス管理責任者は非常にやりがいのある仕事ですが、その分やはり激務です。

その為どうしても他の現場への転職を考えてしまう人が多くいるのも事実です。

サービス管理責任者が転職する際に、失敗を避けるためにはいくつかのポイントを注意深くチェックする必要があります。

これらのポイントを考慮して新しい職場を選ぶことで、前職と同じ悩みを抱え込まずに済むでしょう。

本記事ではサービス管理責任者が転職する際に考えるべきポイントについて解説します。

サービス管理責任者の転職のポイント

  • 他のサービス管理責任者の在籍確認

新しい職場で同僚として他のサービス管理責任者が在籍しているかを確認することは重要です。

特に、大型の施設では複数のサービス管理責任者がおり、業務の相談やお互いのサポートが期待できます。小~中規模の施設を希望する場合は、系列施設の有無も確認し、連絡が取りやすい環境で働けるか考慮しましょう。

 

  • 施設の利用者数の確認

施設の受け入れている利用者数は、サービス管理責任者の業務に大きな影響を及ぼします。

個別支援計画書の作成などの業務が多くなればなるほど、仕事のストレスも増大する可能性があります。業務の負担を軽減させたい場合は、規模の小さい施設を選ぶことが適しているでしょう。

 

  • 人間関係や施設の雰囲気の確認

人間関係や職場の雰囲気は転職成功の鍵となります。採用担当者の対応や求人状況、施設の口コミを注意深く確認し、不安材料がないか確認しましょう。常に求人募集がある場合や口コミが悪い場合は、注意が必要です。

 

  • 新設の施設かどうかの確認

新設の施設であれば、オープニングスタッフとして働くことができます。これは、人間関係が新しく築かれやすく、また指導力を発揮しやすい環境です。特に人間関係や指導が苦手な場合は、新設の施設での勤務を検討すると良いでしょう。

これらのポイントを考慮することで、サービス管理責任者が満足できる職場を見つけ、転職に成功する可能性が高まります。

 

サービス管理責任者の転職に失敗しないために | まとめ

いかがでしたか?

本日挙げたポイントをしっかり押さえることでサービス管理責任者が満足できる職場を見つけ、転職に成功する可能性が高まるでしょう。

サービス管理責任者は非常に忙しい職業なので、より良い環境で働くことは本当に大事なことです。

もし転職を考えているサービス管理責任者の方は是非今回のポイントを参考にしてください。

 

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者が気を付けるべきメンタルヘルスケア

    2. サービス管理責任者が考えるべきは社会資源だけではない?

    3. 准看護師のキャリアアップ|サービス管理責任者という道