サービス管理責任者の試験は難しいのか調べてみた

サービス管理責任者は年々ニーズが増加してきている職種であるということは過去の記事で紹介してきたと思います。サービス管理責任者の資格を取得するとなると試験を受けて実務者講習を受けるということが必要になります。となるとこのサービス管理責任者の資格を取得することは難しいのではないか?と思われることもあるのではないでしょうか?

今日はサービス管理責任者になる際の試験の難しさについて解説してみたいと思います。

 

サービス管理責任者になるための試験は難しいのか?

過去何度もサービス管理責任者になるためにはどのような手順を踏めばいいのかということはご紹介してきましたが、再度手短にご紹介させていただきますと、ある一定の資格を取得してその資格を有した状態で所定の実務経験を行う必要があります。その上で基礎研修を受講しOJT、つまり職場の上司や先輩が、部下や後輩に対して、実際の仕事を通じて指導し、知識、技術などを身に付けさせる教育を経たうえで実践研修を受けることでサービス管理責任者になることができます。

 

つまり結論から言うとサービス管理責任者になるためには資格取得の合否を決める試験はありません。極論を言うと必要な資格を有した上で基礎研修費や実践研修費を払って所定の研修を受けることで資格を取得することができます。

 

サービス管理責任者は利用者が適切なサービスを受けることができるように全体を取りまとめる重要な職種であります。そのため福祉業界でキャリアアップを目指している方や専門性を活かしてこれからの転職を考えておられる方にはオススメの職種であると言えます。

 

また、資格取得には試験はなく、所定の実務経験と研修を受ける必要がありますのである程度時間とお金がかかることを念頭に置いてスケジューリングをしていく必要があります。しかしながらこれから先の時代において高齢社会が進行し、利用者が急増することが予想されますので、サービス管理責任者の資格を有する人材を求める企業は増えると言っても過言ではありません。もしあなたがこれから先の転職を考えているのであれば、ぜひこうした敷く取得を目指してみてはいかがでしょうか?あなたの転職活動に役立つ資格であることは間違いないですよ。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の資格を取得するために必要な条件を知っていますか?

    2. サービス管理責任者資格 必須な資格と取得手順

    3. デイサービスにおけるサービス管理責任者の役割と挑戦