サービス管理責任者が多職種と連携する際のポイント

サービス管理責任者が多職種と連携する場は主にサービス担当者会議となります。

利用者様に障害福祉サービスを提供するにあたって連携は欠かせず、多職種が一度に集まる場として非常に重要な会議になります。

しかし、サービス管理責任者がサービス担当者会議に出席する際に、どのような準備や情報収集、情報提供が必要となるかご存知でしょうか?

いくつかポイントを押さえて解説します。

 

サービス管理責任者がサービス担当者会議で注意すべきポイント

・利用者様の良い点と課題を把握しておく

サービス担当者会議とは利用者様の情報を共有しより良い支援サービスを考える場になります。

よって利用者様の普段の様子や生活スタイル、課題などを明確にして把握しておく必要があります。そのためには利用者様と直接的に接することの多い相談支援専門員や介護士など現場職員からの情報も非常に重要になります。

 

・目的やゴール、会議時間や結論をはっきりさせる

サービス管理責任者は主催をする立場でもあります。

会議の初めに目的やゴールを明確にすることで、参加者が主体的に会議に参加できますよね。

また、それぞれの業務の合間を縫って会議を行う場合が多いため、ある程度時間を決めて検討することが重要となります。しかし、時間を気にしすぎ結論が出ないまま会議を終了してしまうことのないよう注意しましょう。

 

・サービス内容を把握する

サービス利用計画やケアプランは利用者様の全体的な支援の方向性になります。

それらを踏まえて個別支援計画の作成を行うため、どのような支援を行っていくのか、各支援の目的は何かなど、サービス支援内容全体を把握しておく必要があります。

 

各担当者との関係性

サービス担当者会議のような会議でないと、多職種が同じ場に顔を合わせる機会も多くないのではないでしょうか?

サービス管理責任者は日頃から電話やメールなどで各関係機関の担当者ともやりとりしなければいけません。

各担当者との関係性を深めておくことで情報共有も円滑となりより良いサービス提供に繋がります。

 

サービス管理責任者が多職種と連携する際のポイント | まとめ

利用者様に地域全体でサービスを支援するためには、サービスを提供する側の連携も非常に重要となります。

各関係機関とポイントを押さえて情報共有を行うことができるよう準備をしておきましょう。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者が生み出すデイサービスの魅力

    2. サービス管理責任者が支える就労支援と一般就労について

    3. サービス管理責任者の試験は難しいのか調べてみた