訪問介護分野で新人介護士が働くことは本当に可能なのか?

近年訪問介護分野のニーズは増えています。

それは在宅で生活される高齢者や患者様が増えていることに起因しています。

 

その理由は医療負担の削減です。

医療費の削減により病院での長期入院よりも在宅での生活を支援するほうが経済的であるため、実は訪問介護サービスが必要とされているのです。

 

ということは、在宅での訪問介護はかなりの知識や技術を要すると言っても過言ではありません。状況によっては医療サポートが必要な患者様も在宅生活を余儀なくされることも少なくありません。

 

こうした状況で新人や若手でも訪問介護分野で働くことは可能なのでしょうか?

今日はこうしたテーマについて考えてみたいと思います。

 

新人介護士が訪問介護分野で働くために必要なこととは?

新人介護士が訪問介護分野で働くことは厳しい、という声があるのも事実です。

訪問介護分野では、基本的に一人で回ることが多く、自分一人に重圧がのしかかってくるということも少なくありません。

 

しかしながら、訪問に一人で回らなければいけないとはいえ、就職先のスタッフが教えてくれないかと言えばそうではありません。

事業所もご利用者様の生活を守るために最低限考えなければいけないことや

注意点などきちんと説明してくれます。

 

確かに、医療や介護の専門知識が必要な場合もありますが、初めての仕事でも学ぶことができる内容であることが多いです。また、訪問介護の現場では、実務経験を積みながら専門知識を学ぶことができる研修や勉強会などの機会も多くあります。

 

ただし、訪問介護の仕事は、利用者様の自宅でのサービス提供が中心であり、利用者様のニーズに合わせたきめ細かいサービス提供が求められます。

また、利用者様とのコミュニケーションも重要な役割を果たします。

そのため、訪問介護の仕事には、コミュニケーション能力や忍耐力、臨機応変な対応能力などが必要とされます。

 

こうした負担はあるものの、新人介護士であっても訪問介護分野で働くことは困難ではありません。

確かに施設で働きスキルアップをしてから訪問介護分野で働くという流れがありますが、

最初から訪問介護分野で働くということも視野に入れてみてもいいのではないでしょうか?

 

これから超後期高齢社会に突入します。訪問介護分野のニーズは徐々に増えてきますので、ぜひあなたの転職先として訪問介護分野を考えてみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 介護業界のサービス管理責任者が兼務できる可能性のある職種

    2. 介護現場で後輩ケアマネジャーが年上の場合どのように指導や教育をすべきか?

    3. 転職の前に考えたい介護士の労働環境を改善するために必要な2つの原則とは?