認知症患者様に対する非言語コミュニケーションについて

認知症は、患者様やその家族にとって難しい状況をもたらすことがあります。

しかし、思いやりと理解に満ちたアプローチを取ることで、認知症患者様の生活を改善し、彼らが尊重され、安心感を持てる環境を提供できます。そのために我々介護福祉士にはこうした環境の提供であったりかかわり方がとても重要になります。ここでは、認知症患者様への対応方法について考えてみましょう。

 

認知症患者様に対する非言語コミュニケーションの重要性について

 

認知症患者様とのコミュニケーションは、最も重要な要素の一つです。

言葉が通じにくくなることがあるため、非言語コミュニケーションが特に重要です。

笑顔や手のジェスチャーを使い、患者様が理解しやすい方法でコミュニケーションをとることがとても重要になります。

 

特に表情は言葉以上に感情を相手に伝えることになります。笑顔は安心感や友好的な態度を示し、眉をひそめたり、顔つきが硬くなることは不安や緊張を示すことがあります。認知症患者に対して、穏やかで優しい表情を保つことはとても重要になるのです。

 

あなた自身もスタッフがしかめっ面で会社に出社したら、機嫌が悪いのかな、調子が悪いのかな、関わらないようにした方がいいのかなと思うこともあると思います。

こうした非言語コミュニケーションは言葉以上に相手に感情を与えてしまうことはとても多いのです。

 

また、言葉のトーンやリズムにも気を付けていますか?言葉の大きさやリズムは、同じ内容を伝えたとしても、相手に心地よい感情を与えたり、不快感を与えたりと、とても重要な要素です。認知症患者に対しては、ゆったりとした姿勢を取り、過度な急いだ動きを避けることが良い印象を与えます。認知症患者様に対して、口早に話をしてしまうと、相手が理解できないままに話が進んでしまい、結局あなたが何を伝えたかったのかがわからないままお互いの関係性が終了してしまうということは少なくありません。話し方はとても重要になります。

 

認知症患者様に対して非言語コミュニケーションはとても重要です。

こうした内容は認知症患者様に対して関わるうえで覚えておくべき内容になりますので、ぜひ自分自身の話し方がどうなのか、どうすれば伝わりやすいのかを考えて対応してみましょう。

    関連記事

    1. 介護業界での新たな挑戦|サービス管理責任者としてのキャリアパス

    2. サービス管理責任者が転職を成功させるために知っておきたい失敗例

    3. サービス管理責任者の年収事情に迫る