訪問介護分野で起こるクレームを減らすために重要な話術とは?

訪問介護分野の転職を希望される方も増えている一方、近年訪問介護分野で度々トラブルとして起こる問題を知っていますか?

ご利用者様とのトラブルやご家族様とのトラブル、介護拒否もそうですね。

様々なトラブルを一人で対処しなければいけないのが訪問介護分野のデメリットでもあります。

しかしその根底には何があるのでしょうか?

基本的にはコミュニケーション不足であることが多々あります。

今日は訪問介護分野で起こる問題と解決策について考えてみたいと思います。

 

訪問介護分野で重要なコミュニケーション技術とは?

訪問介護分野だけでなく、介護業界は人対人の仕事である以上、コミュニケーション技術は重要な内容になります。訪問介護スタッフと利用者様の間に、コミュニケーション上の問題が生じると、利用者様が不満や不安を感じていたり、スタッフが利用者様の言葉や表情を誤解してしまう場合があります。

 

こうした場合の解決策としては、まず相手の意図をくみ取る作業が重要になります。

 

ご利用者様が何を求めているのか

どうしてほしいと思っているのか

 

相手のニーズを満たすために自分は何をしなければいけないのかをまず把握することが重要です。

 

確かに訪問介護分野はやらなければいけないことが多々あり、業務に追われるということがよくあります。

特に訪問なので、移動時間のことも考慮して、次の利用者様までの時間も把握したうえで考えなければいけないため、

時間に追われるためにどうしてもコミュニケーション不足ができてしまうというケースも少なくありません。

 

しかしながら、我々は利用者様のニーズを満たすことが重要になるのです。

これが満たされないと利用者様からのクレームに繋がりかねません。

ぜひ一度、利用者様とひざを突き合わせて話し合いを行ってみてはいかがでしょうか?

 

コミュニケーション技術というものは基本的には相手のことを尊重することから始まります。

利用者だけでなく、同僚に対しても相手が何を望んでいるのか、どうしてほしいのかを考慮して会話を展開することが重要です。

 

これができれば利用者だけでなく、同僚とのコミュニケーションも良好になりますので、ぜひ一度試してみてくださいね。あなたの今後の転職で絶対役に立ちますよ。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の将来性と業界動向

    2. サービス管理責任者はフレックス制で働くことは可能なの?

    3. サービス管理責任者 | お客様との信頼構築のためのポイント