生活相談員として後輩スタッフと人間関係を築くために重要なこととは?

生活相談員として働く中で、数少ない後輩スタッフを教育していくために必要なこととして、後輩スタッフとの人間関係の構築が重要になります。

仕事上仲良くやることも重要ですが、どうしても人間同士ですから衝突することもあるでしょう。こうした人間関係の軋轢がスタッフの退職に繋がることもしばしば見受けられます。そのため後輩スタッフの教育や指導、人間関係の構築は重要な要素であるといっても過言ではありません。そのために重要なことについて今日は考えてみたいと思います。

 

後輩スタッフの人間関係の構築に重要なこととは?

 

後輩スタッフの教育は、チームの協力と成長に欠かせない重要な要素です。仲良くやっていくためには、以下のポイントが大切です。

 

まず、コミュニケーションを大切にしましょう。率直な意見交換やフィードバックを通じて、後輩との信頼関係を築く必要があります。質問や疑問に対してオープンな態度で応えることで、後輩が学びや成長を促進できます。

 

次に、尊重と共感を示すことが重要です。後輩の意見や意向を尊重し、感情に寄り添う姿勢を持ちましょう。自身の経験や知識を分かち合う際には、教える側と学ぶ側の間にバランスを保つことが大切です。例えば利用者様に対する悩みがあったとして後輩自身はどうしたいのか、その意見を尊重し、どのようにしていけばいいのかを寄り添って考える

 

そして、フィードバックを適切に行うことが大切です。後輩の成果や成長を認める一方で、改善の余地や成長ポイントも指摘することで、後輩の自己評価とスキル向上を促進できます。怒られてばかりの指導では、全然やる気も起きません。あなた自身も怒られるような職場では働きたくないと感じるのと一緒ではないでしょうか?

そして何よりあきらめずにしっかり後輩にかかわっていくという姿勢が重要になります。後輩の成長はあなた自身の成長につながるので是非頑張っていきましょう。

 

後輩スタッフの教育は、なにより根気が必要になります。共に成長するチームとしての活力を高めるための重要な要素です。仲間意識を持ち、尊重と信頼を基盤にした関係を築くことで、後輩との協力関係を深め、チーム全体の成功に貢献することができます。

自分自身の業務でいっぱいいっぱいになるかもしれませんが、頑張っていきたいですね。

    関連記事

    1. 他の介護職からサービス管理責任者に転職する理由

    2. 就労継続支援B型事業所での支援業務について

    3. 介護職の出戻り転職は可能か?面接時に気を付けておくことを紹介